シレネの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

シレネには種類がたくさんあって、
多くの種は北半球に自生しますが、
一部は南アフリカ、南アメリカに分布します。

1年で枯れてしまうものや毎年咲いているもの、
生長して小さな木のようになるものなど、
色々あります。

そこで今回は、シレネの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

シレネの花言葉について

シレネの花言葉は、
「偽りの愛」「未練」「しつこさ」「罠」「誘惑」です。

粘液を出す特徴から、
「粘着質」や「罠」「誘惑」などの
トラップを連想させる花言葉になったとされています。

シレネ

 

 

 

 

シレネの育て方について

土づくりの仕方について

シレネは、水はけのよい弱アルカリ性の土を好みます。

自分で配合する場合は、
赤玉土中粒5、腐葉土3、酸度調整済みピートモス2割等を
混ぜ合わせた配合土を使用します。

 

庭の土を使用する場合は、
苦土石灰を施し、土のpHを調整します。

 

土壌酸度計があれば、
便利ですよ。

先端部を湿った土に突き刺し、
指示針の数値を読みとるだけで土の酸度が測定できます。

 

土壌酸度計

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、3~5月、9~10月です。

シレネは日光を好みますが、
日本の高温多湿な環境は好みません。

そのため、夏などにベランダなどで放っておくのはやめましょう。
明るい日陰で保管します。

 

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面がっしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

過湿に弱いので、水のやりすぎに注意します。
鉢に鉢底石を敷いて、その上の用土を入れて植え込んでおくと、
水はけが良くなります。

鉢底石

 

地植えの場合は、特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

9~5月の間、緩効性肥料を与えます。
月に1~2回で十分です。

マグアンプ

 

庭上の場合は、
特に肥料を与えなくても大丈夫です。
逆に肥料を与えると、根が枯れてしまいます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まき、挿し芽、株分けで増やすことが出来ます。

 

多年草の種類は、挿し芽で増やすことが出来ます。
時期は、4~6月です。

株元から伸びる充実した茎を切り取って、
2~3節が土に埋まるように挿します。

 

挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

 

地下にランナーを伸ばす種は、
3月から4月、9月から10月に、株分けでふやすことができます。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

 

アブラムシが発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す