ゼフィランサスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ゼフィランサスは、白い花を咲かせるタイプと、
ピンク色の花を咲かせるタイプがあります。

1つの花は1~3日と短いのですが、
次々と新しい花が咲いてくるので長く楽しむことができます。

分球してよく増えるので、
群植させるとさらに見ごたえがあります。

そこで今回は、
ゼフィランサスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

ゼフィランサスの花言葉について

ゼフィランサスの花言葉は、
「汚れなき愛」「純白の愛」「期待」「便りがある」です。

白い花をつける品種の清らかなイメージから、
つけられています。

ゼフィランサス

 

 

 

 

ゼフィランサスの育て方について

土づくりの仕方について

市販の土を使用する場合は、
球根の土を使用します。

球根の土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土(小粒)7:腐葉土3ほどの割合で混ぜたものを使用します。

 

庭の土を使用する場合は、
庭の掘り起こした土に腐葉土を混ぜたものを使用します。

腐葉土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、3~4月です。

日当り、水はけの良い肥沃な場所を好みます。

 

株同士の間隔を5cmほどとり、
浅植えにします。

 

 

 

 

水やりの仕方について

ゼフィランサスは、乾燥を嫌います。

土の表面が乾いたら、
水を与えます。

 

地植えでも、乾燥する日が続くなら、
水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

元肥として、
緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。
マグアンプ中粒が適しています。

マグアンプ

 

さらに追肥として、
秋頃に1度、緩効性化成肥料を施します。

 

 

 

 

増やし方について

数年植え放しにした方が花つきがよくなり、
自然分球でどんどんふえます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

ゼフィランサスは、病害虫に強いですが、
たまにアブラムシが発生します。

 

アブラムシが発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す