朝顔の育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

朝顔はで古くから親しまれている草花です。
小学生の頃に育てた記憶がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、日本原産の植物ではなく、
奈良時代に中国から渡来し、
楽しまれるようになったのは江戸時代です。

夏にどんどん生長して花を咲かせてくれる姿は、
初めて植物を育てる方にとって喜びを与えてくれます。

そこで今回は、
朝顔の育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

朝顔の花言葉について

朝顔の花言葉は、「愛情」「結束」です。

朝顔はその日に咲き終わっても、
翌日にまた新たな花が咲いていく姿から付けられました。

朝顔

 

 

 

 

朝顔の育て方について

土づくりの仕方について

朝顔は有機物が多い土を好みます。

市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土や腐葉土を半分ずつの割合で混ぜ合わせます。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、5~6月です。
本葉が3~4枚くらいになったら植えつけます。

朝顔は日当たりを好むので、
1日中、日が当たる場所で育てます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

植えつけの時に、
長く肥料効果が効く緩効性肥料を混ぜておきます。

マグアンプ

 

その後は、10日に1回のペースで、
薄めてた液体肥料を与えます。

ハイポネックス

 

 

 

 

水やりの仕方について

朝顔の花が咲くまでは、
水やりは控えめにします。

花が咲くと、水を切らさないように、
朝夕水やりをします。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まきで増やすことが出来ます。
種まきの時期は、5~6月です。

ただし、自家受粉を続けると、
品質が低下しやすいので、
開花時に好みの株を2株用意して、
人工受粉を行うと良いですよ。

採取した種は翌春まで冷暗所で保管します。

 

また、市販の種は、
発芽しやすいように加工されています。
表皮が硬く発芽しにくいため。

自分で採取した種は、
種のへそを傷つけないように注意して、
ヤスリなどで種皮の一部を削っておきます。

 

 

 

病害虫対策について

ハダニ、オンシツコナジラミ、ヨトウムシが発生します。

 

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す