ソリダスターの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ソリダスターは、
ソリダコとアスターの交配種で、
鮮やかな黄色のお花を咲かせます。

草丈が60~70cm程度となる多年草です。

そこで今回は、
ソリダスターの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ソリダスターの花言葉について

ソリダスターの花言葉は、
「豊富な知識」「私に振り向いて」です。

ソリダスター

 

 

 

 

ソリダスターの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花用培養土を使用します。

草花用培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を、
2対1程度に混ぜたものなどを使います。

 

 

庭の土を使用する場合は、
腐葉土を混ぜて使用します。

腐葉土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

日当りと水はけの良い肥沃な場所を好みます。

植えつけの時期は、
2~3月、10~11月です。

株間は25~30㎝ほどにします。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

ソリダスターは、あまり肥料を必要としません。

庭植えの場合は、元肥として緩効性肥料を与えますが、
後はあまり必要としません。
逆に多肥にすると徒長して倒伏しやすくなります。

鉢やプランターで育てる場合は、
緩効性の固形肥料を置肥します。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

春か秋の株分けでふやすことができます。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシやハダニが付くことがあります。

 

アブラムシには、
オルトランを使用します。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

ハダニが発生したら、
水道水で洗い流します。
ハダニは水に弱い特徴がります。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す