ターメリック(ウコン)の育て方について

ターメリックとは、別名ウコンです。

カレー粉の主原料として有名です。

古くは着色、染色の目的でサフランの代用にも使用されたようです。

花を観賞するタイプのクルクマと違い、
根(塊茎)をすり潰し乾燥させ、粉末にしてスパイスとして使用します。

バショウを思わせる形の葉が印象的な植物です。

そこで今回は、
ターメリックの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ターメリック(ウコン)の花言葉について

ウコンの花言葉は、
「乙女の香り」「あなたの姿に酔いしれる」です。

 

なかなか良い花言葉ですね。

ターメリック(ウコン)

 

 

 

 

ターメリック(ウコン)の育て方について

土づくりの仕方について

市販の培養土で十分育ちますが、
植え付け時に腐葉土などを混ぜ込んで、
肥沃な土にしてあげましょう。

腐葉土

 

また、乾燥が苦手なので、
水はけよく保水性もよい土壌がいいです。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
4~5月です。

保水力があり肥沃な、日当たりのよい場所に植えつけます。

 

植え付け間隔30cm、
深さ5cm位に種球根を横に伏せて植え込みます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

ターメリック(ウコン)は、乾燥が苦手です。

特に夏の生育期は、
水を切らさないように気をつけます。
乾燥が続く時には、朝夕2回水やりをします。

 

 

 

 

肥料の与え方について

5月と9月に1回ずつ、
固形の油かすや骨粉を株元に与えます。

骨粉入り油かす

 

 

 

 

収穫の仕方について

11月頃、葉が黄色くなり、
地上部が枯れてから掘り取りします。

 

 

 

 

増やし方について

株分けで増やします。

春の植え付け時に、
球根をハサミでカットして株分けします。

 

 

スポンサードリンク




 

 

利用方法について

ショウガの様なような形をした根茎を、
いったん茹でて乾燥させてそのまま、もしくは粉にして利用します。

カレーなど料理の他に、
染料、漢方薬としても利用されるなど用途が広です。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生しやすいです。

 

害虫には、オルトランを使用します。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す