ツキヌキリンドウの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ツキヌキニンドウは、
半常緑性から常緑性のつる植物で、
初夏から秋まで長期間、かわいい花を咲かせてくれます。

香りも甘く、庭を素敵に彩ってくれ、
とても育てやすいので初心者にもおすすめです。

そこで今回は、
ツキヌキリンドウの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ツキヌキニンドウの花言葉について

ツキヌキリンドウの花言葉は、
「愛の絆」です。

 

 

 

 

ツキヌキニンドウの育て方について

土づくりの仕方について

水もち、水はけがよく、腐植質に富んだ土壌を好みます。

自分で配合する場合は、
赤玉土(細粒)、鹿沼土(細粒)、腐葉土を、
5:2:3の割合で配合した用土などを用います。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、春が適しています。
3~4月に植えるようにします。

日当り、水はけの良い場所を好みますが、
根元は日陰にします。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。

 

 

 

 

肥料の与え方について

生育期と開花期の5月から7月に、
骨粉入りの油粕を与えます。

骨粉入り油かす

 

 

 

 

増やし方について

夏か晩秋の挿し木でふやすことができます。

7月から8月、その年に伸びてやや充実して堅くなった枝を使い、
鹿沼土(細粒)や赤玉土(細粒)、さし木用の用土にさします。

 

挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

ほとんど発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す