アサツキの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

アサツキ(浅葱)は、ネギの仲間の球根性多年草です。

アサツキは、
ビタミンやミネラルなどの栄養素が含まれる野菜です。

疲労回復に役立ち、
お肌や粘膜を健康に保ってくれる働きがあります。

庭やベランダでも気軽にはじめられるくらい
育て方が簡単で、長く収穫が楽しめるので、
家庭菜園にお勧めです。

そこで今回は、
アサツキの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

アサツキの品種について

アサツキは古くから日本に自生していたネギの仲間で、
漢字で「浅葱」と書きます。

日本の気候風土に合っていて、
育てやすくて丈夫です。

夏に休眠し、冬も軽い休眠期間があります。
休眠中は地上部が枯れるので、
収穫時期は春と秋になります。

ワケギ同様、夏の初めにタネ球根を掘り上げます。
寒さに強く、積雪下でも枯れないことから、
東北地方では、雪の中から掘り出した
「雪中アサツキ」が特産となっています。

アサツキ

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

アサツキの育て方について

アサツキは、とても丈夫で暑さにも寒さにも強く、
特に病害虫の心配もないので無農薬でも栽培できます。

除草以外は特に管理も必要ないので、
とても簡単に栽培できます。

菜園の片隅に栽培すると、とっても重宝しますよ。
多年草なので、一度植え付けたら何年も収穫できますが、
込み合ってきたら、植え替えてあげましょう。

 

アサツキの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

アサツキは、中性~弱アルカリ性で、
水はけのよい土を好みます。

鉢やプランター植えは、市販の野菜用培養土を使うか、
赤玉土(小粒)7:腐葉土2:バーミキュライト1の割合で混ぜた土を使います。

地植えは、
植え付ける2週間前に苦土石灰を混ぜあわせて、
酸性度合いを中和しておきます。

 

適正な土壌pHは6.0~6.5です。

土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

アサツキを植えていきます

アサツキの種球は7~8球ずつになっているので、
1~3球ずつに分割します。

クワで植え溝を掘って植え付けます。
株間は、種球1球の場合は5~6cm、
2~3球の場合は15cm程度とします。

種球の先は少し土から出して、浅植えにします。
植え付けの際、種球が上下逆にならないように
注意してください。

 

植え付けから2週間程度で発芽します。

 

 

スポンサードリンク




 

アサツキの肥料の与え方

 

使用する道具

 

植え付けるタイミングで、
土に野菜用の化成肥料を混ぜあわせておきます。

その後は、追加で肥料を与えなくても育ちますが、
収穫まで1週間おきに液体肥料を与えると葉っぱがよく茂り、
収穫量が増えます。

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

十分に育ったら収穫します

3~4月か10~11月が収穫の適期です。
葉っぱが20~30cmくらいに生長したら、
株元を4~5cm残して刈り取っていきます。

 

 

収穫後、液体肥料を与えると、
また葉っぱを伸ばして収穫できるようになります。

そのまま、2~3年は毎年収穫が可能です。

 

 

まとめ

アサツキは、
プランターでも簡単に作れます。

根っこの部分を残しておくと、
次々と収穫ができるので
家庭菜園にお勧めですよ。

また、
ほとんど病害虫の心配がありません。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す