チャイブの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

チャイブは、
中国や地中海地方で2000年も前から栽培されてきました。

ネギの仲間ではデリケートな風味で、
様々な料理に利用されます。

マルコポーロが中国から持ち帰ってから、
帰国後も彼は大いにチャイブを好んだといわれています。

ネギの仲間なのでネギ坊主のような球形の花をつけます。
赤紫色の可憐な花なので、花壇の縁取りにも適しています。

そこで今回は、
チャイブの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

チャイブの花言葉について

チャイブの花言葉は、
「忠実」「素直」「柔軟性」です。

ネギに比べて、
臭みの少ないやさしい風味が、
どんな料理にも合うことにちなんで付けられました。

チャイブ

 

 

 

 

チャイブの育て方について

土づくりの仕方について

市販のハーブ用の土が適しています。

ハーブの土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土、腐葉土に堆肥を加えて、混ぜ合わせます。

 

また、高温乾燥には弱いので、
夏は半日陰で管理します。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、4~5月。9~11月です。

弱アルカリ性の土を好むので、
植えつける1週間前に苦土石灰を施しておきます。

発芽した苗が10cmくらいに育ったら、
数本をまとめて1株にして定植します。
深さ2~3cmに植えつけます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

チャイブは乾燥に弱いので、
水を切らさないように注意します。

 

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
晴天が続くなら、水を与えましょう。

 

 

 

 

肥料の与え方について

肥料が不足すると葉先が黄色くなってきますので、
成長期には、水やりを兼ねて液体肥料を施すか、
緩効性肥料を株元から離れたところに置きます。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

種まきと株分けで増やすことが出来ます。

種まきの時期は、3~5月・9月です。

開花後、黒く完熟した種が出来ますので、
撒きます。
発芽時に光を嫌う嫌光性種子なので、
種まき後は土を厚めに1cmほどかぶせます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

ネギアブラムシが発生することがあります。

 

害虫が発生したら、
オルトランを使用します。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

 

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す