ツルハナナスの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

ツルハナナスは、
南アメリカ原産の常緑つる性樹木です。
日本には大正時代に入ってきました。

ナス科特有の星形の花を細い枝先にかたまってつけます

咲き始めは淡紫色でだんだん白色に変わります。

そこで今回は、
ツルハナナスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ツルハナナスの花言葉について

ツルハナナスの花言葉は、
「さみしがりや」です。

ナスの花と違って、
花が集まって咲くことからつけられたのでしょう。

ツルハナナス

 

 

 

ツルハナナスの育て方について

土づくりの仕方について

庭の土を利用する場合は、
腐葉土を混ぜ合わせます。

 

自分で配合する場合は、
赤玉土7・腐葉土3などの一般的な配合土を使います。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、4月~5月です。

日当り、水はけの良い場所を好みます。
日光が不足すると徒長しがちになり、花数も少なくなります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

生育期の5月~9月の間、
緩効性化成肥料を定期的に置き肥します。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

 

初夏の挿し木でふやすことができます。

4月~9月に枝を5~7cmほどに切ってさし穂とし、
バーミキュライトや鹿沼土などの清潔な用土にさします。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

特に発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す