ビデンスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ビデンスは、
200種以上が世界に広く分布しているキク科の植物で、
特にメキシコに多くの種が自生しています。

黄色のコスモスのような花をつけます。

別名をウインターコスモスと言います。

そこで今回は、
ビデンスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ビデンスの花言葉について

ビデンスの花言葉は、
「美しい調和」です。

ビデンス

 

 

 

 

ビデンスの育た方について

土づくりの仕方について

赤玉土(中粒)5、腐葉土3、酸度調整済みピートモス2の配合土など、
水はけのよい土を好みます。

 

 

 

 

植えつけ方について

日当りと水はけの良い場所を好みます。

日陰でも枯れることはありませんが、
葉がよれて花が咲かないということもあります。

植えつけの時期は、
4~5月になります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

ビデンスは乾燥に強い植物です。

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

ビデンスはあまり肥料を必要としません。

与えすぎると、
花が咲かなくなったりするので、
ほどほどにしておきましょう。

 

元肥として、マグアンプを土に混ぜ込んでおきます。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

春の株分けや挿し木、
播種でふやすことができます。

 

株分けは、掘り上げた株をノコギリガマで切るか、
スコップでざっくり切り分けて増やします。

 

挿し木の場合は、
4月から5月、充実した茎の先端をさしてふやすことができます。

 

種まきの場合は、
9月から10月、3月から4月にタネまきができます。
一年草のタイプを秋まきした場合、
霜よけをして冬越しさせ、霜が降りなくなったころに、
庭や鉢に植えつけましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシ、ハダニが発生します。

 

害虫には、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す