ストロベリーキャンドルの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ストロベリーキャンドルは、クローバーの仲間です。

その名の通りに、赤いロウソクのような花を咲かせます。

本来は毎年花を咲かせる多年草ですが、
暑さに弱く日本では夏に枯れてしまうために、
一年草として扱います。

日本へは明治時代に牧草として渡来しましたが、
あまり普及せず、現在では主に観賞用、
または緑肥植物として栽培されています。

そこで今回は、
ストロベリーキャンドルの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ストロベリーキャンドルの花言葉について

ストロベリーキャンドルの花言葉は、
「胸に火を灯す」「素朴な愛らしさ」「幸運を呼ぶ」です。

 

真っ赤な花色がキャンドルの炎を連想させることから、
由来しています。

ストロベリーキャンドル

 

 

 

 

ストロベリーキャンドルの育て方について

土づくりの仕方について

ストロベリーキャンドルは、
肥料がなくても育つくらい丈夫な草花です。

市販の草花用培養土を使用します。

草花用培養土

 

 

 

 

植えつけ方について

本葉5~6枚で定植します。
日当りと水はけの良い場所を好みます。

横に広がるので、
株と株の間は20~30cmの間隔をあけます。

また、過湿を嫌うので、
株が大きくなった時は蒸れないように、
風通しを良くしてやりましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、水を与えます。

 

地植えの場合は、特に水やりの必要はありません。
乾かし気味に育てます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

肥料はあまり必要としません。

マメ科植物特有の根粒菌が根に住んでおり、
窒素肥料を空気中から合成することが出来ます。

ただし、下刃が黄色くなってくると、
少し肥料が足らないサインなので、
この場合は、薄めた液肥を与えます。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

種まきで増やすことが出来ます。
時期は、9~10月です。

ある程度冬の寒さに当てないと花が咲かないので、
屋外で育てることと、種まきに時期を間違えないようにします。

 

屋内で育てたり、種まきの時期を間違えると、
葉は茂りますが、花が咲かずに枯れてしまいます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

特に発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す