ヒベルティアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ヒベルティアは、
はうように広がって、
黄色の小花を次々と咲かせます。

花が咲かない時期は、
観葉植物として葉や木だけでも楽しませてくれます。

そこで今回は、
ヒベルティアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ヒベルティアの花言葉について

ヒベルティアの花言葉は、
「無邪気」です。

 

 

 

 

ヒベルティアの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花培養土に、
腐葉土を混ぜたり川砂やパーライトを混ぜて、
水はけを良くして使用します。

草花用培養土

 

 

 

植えつけ方について

日当りと水はけの良い場所を好みます。

高温多湿を嫌うので、
梅雨時は軒下で雨を避け、
真夏は直射日光の当たらない風通しの良い半日陰で管理しましょう。

冬は室内の明るい窓辺に置き、
暖房に当てないよう注意をして水やりは控え目にします。

 

 

 

 

水やりの仕方について

ヒベルティアは、
湿気の少ないカラッとした土地を好みます。

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料はあらかじめ暖効性化成肥料を混ぜ込み、
生育時に液肥を与えます。

液肥は植物の様子を見ながらですが、
月に2回~3回程度が目安です。

ハイポネックス

 

 

 

増やし方について

挿し木で増やすことが出来ます。

10センチ程の長さに切り、
葉がついている時は、手でもぎ取らずハサミで切り取ります。

そして枝を鉢に最初と同じ様な用土を作り、
その用土に切った枝を挿し込みます。

水をたっぷり与え、
芽や根が伸びてきたら水の量を減らし、液肥で栄養補給します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

 

アブラムシには、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す