タイタンビカスの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

タイタンビカスの花は、
直径15cm~25cmもあり、とっても大きいです。
一度見たら忘れられないほどのインパクト。

ハイビスカスが夏の暑さで花を休むのに対して、
タイタンビカスは夏の暑さにも負けないばかりか、
冬の寒さにも強く、宿根してまた春に芽吹きます。

そこで今回は、
タイタンビカスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

タイタンビカスの花言葉について

タイタンビカスの花言葉は、
「美しさ、新しい恋、繊細な美、伝統」です。

タイタンビカス

 

 

 

タイタンビカスの育て方について

土づくりの仕方について

土の質はあまり選びません。

市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土6腐葉土4に緩効性化成肥料(マグアンプなど)を入れます。

 

 

 

 

植えつけ方について

タイタンビカスはとにかく大きくなるので、
地植えにしてしまうと3mにもなります

ですので、鉢植えで育てた方が良いでしょう。

 

直射日光が当たる場所で育てます。
半日蔭だと、生育が鈍くなります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

タイタンビカスは、水がれ注意です。

 

鉢植えの場合は、
表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

どちらかというと、
土がジメジメしていた方が良く育ちます。

 

地植えの場合は、
梅雨時期までは自然の雨のみで大丈夫ですが、
真夏は水がれに注意します。

 

 

 

 

肥料の与え方について

タイタンビカスは、肥料をたくさん必要とします。
肥料がないと、成長が止まってしまいます。

春から秋にかけて、
緩効性肥料を1ッか月に1度与えます。

また、10月にも株元に緩効性化成肥料を与えます。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

タイタンビカスは株分けで増やします。

株分けの時期は、2~3月です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシやハマキムシが発生します。

 

害虫には、オルトランを使用します。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す