ブラキカムの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ブラキカムは、
半耐寒性のキク科の一年草から多年草で

葉は羽状に分裂し、
寄せ植えなどで柔らかさと繊細さを演出してくれます。
曇りの日には舌状花が反り返ります。

花形がコスモスに似ていることから、
「姫コスモス」と呼ばれています。

そこで今回は、
ブラキカムの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ブラキカムの花言葉について

ブラキカムの花言葉は、
「いじらしい」「可憐な仕草」「優美」「野生美」です。

 

その長い間にわたって懸命に花を咲かせる姿から、
つけられています。

ブラキカム

 

 

 

 

ブラキカムの育て方について

土づくりの仕方について

赤玉土(小粒)4、鹿沼土(小粒)1、酸度調整済みピートモス3、
腐葉土1、パーライト1の配合土などを用います。

 

 

 

 

植えつけ方について

3月中に、苗を鉢や地面に植え付けていきます。

日当り、水はけの良い場所を好みますが、
高温と乾燥を嫌います。

寒さに強いので戸外で冬越し可能ですが、
雪や霜には直接
当てないようにします。

 

夏は日よけをして、
半日陰をつくってやりましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

ブラキカムは、乾燥気味に育てます。

土の表面がしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

また、冬は水やりを控えめにし、
温度をあまり高くしないよう気を付けましょう。

 

 

 

 

肥料の与え方について

鉢植えの場合は、
3月から11月に、薄めの液体肥料を与えます。

ハイポネックス

 

庭植えでは、特に肥料は必要ありません。

 

 

 

 

増やし方について

種まき、挿し芽、株分けで増やします。

種まきの場合は、
9~10月に播種します。

発芽適温は20度前後なので、
気温が十分に下がってから植え付けるようにすると、
成功率が高まります。

 

 

挿し芽の場合は、5~6月頃に行います。

 

株分けの場合は、3月頃、植え替えと同時に行います。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

5月~7月と10月~11月は、
ナメクジが発生して、新芽を食害します。

 

ナメクジ対策としては、ナメクジバリア粒剤がお勧めです。

その名の通り、ナメクジを寄せ付けない薬剤です。

雨に強く、
ナメクジよけ効果が1.5ヵ月持続します。

直接かければ、退治することもできます。

 

以前も使用していましたが、
使い勝手がよく効き目があっていいですよ。

ナメクジバリア粒剤

 

 

風通しが悪いと、
うどんこ病、灰色かび病が発生します。

 

予防のため、ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す