ブロンズフェンネルの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

ブロンズフェンネルは、
星形の花をつけ、垂れ下がるように茂り、
開花している期間が長く本来は多年草なので、
冬は室内で保温すると周年開花します。

ブロンズ色をした葉がとても美しく、
観賞用として人気が高い植物です。

ハーブとしても利用されています。

そこで今回は、
ブロンズフェンネルの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ブロンズフェンネルの花言葉について

ブロンズフェンネルの花言葉は、
「背伸びした恋」「賞賛に値する」「どんな賛美でもあなたを語り尽くせない」
「力量」「強い意志」「精神的強さ」「よい香り」です。

ブロンズフェンネル

 

 

 

 

ブロンズフェンネルの育て方について

土づくりの仕方について

水はけがよく肥えた土が適しています。

市販の草花培養土が適しています。

草花用培養土

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、5~6月です。

ブロンズフェンネルは移植を嫌いますので、
根を痛めないように注意して育てましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

地植えの場合は、
根付いたら特に水やりの必要はありません。

 

 

 

 

肥料の与え方について

植え付けの1ヶ月ほど前に、
あらかじめ有機肥料をすき込んでおきます。

有機肥料

 

鉢植えの場合は、
元肥として緩効性化成肥料をすき込み、
また追肥も与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まきで増やします。

種まきの時期は、3~5月、9~10月です。
移植を嫌うので、地植えで育てる場合は庭に直接種をまいて育てます。

 

 

 

 

病害虫対策について

キアゲハの幼虫、アカスジカメムシ、アブラムシなどが発生します。

 

害虫には、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す