キウイフルーツの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

キウイフルーツは機能性果実としても注目されています。
キウイフルーツは100gあたりのビタミンC含有量がトップクラスで、
ビタミンEや食物繊維も豊富に含まれているからです。

また、アクチニジンというタンパク質分解酵素をもつために、
果実を薄切りにして生肉に載せておくと、
肉が軟らかくなるというおもしろい特徴も持っています.

温州ミカンの代替果樹として導入され、
急速に栽培面積が伸び、
今では家庭果樹としても植えられるようになっています。

そこで今回は、
キウイフルーツの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

キウイフルーツの品種について

ヘイワード

店頭で見かけるグリーンキウイの多くが、
この「ヘイワード」という品種です。

果皮が薄茶色でうぶ毛があり、重さは100g前後。
果肉は熟すときれいな緑色になります。

ヘイワードは甘味と酸味のバランスがよく、
種のプチプチとした食感もさわやかさを感じさせます。
ニュージーランド産は5~12月頃、
国内産は11~5月頃に出回ります。

受粉木として、トリムが適しています。

 

ヘイワード

 

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

ゴールデンキウイ

黄色果肉で大型の果実です。
キウイフルーツに含まれる栄養素は、
ビタミンC、カリウム、食物繊維、アクチニジン(タンパク質分解酵素)、
ビタミンEなどが含まれています。
ゴールデンキウイは、
その中でもは、ビタミンCやビタミンEが多く含まれています。

受粉木として、孫悟空が適しています。

 

ゴールデンキウイ

 

 

アップルキウイ

「魁蜜(かいみつ)」という品種で、
リンゴのような形をしています。

果肉は未熟なときは緑色で、熟すと黄緑~黄色になります。
果重は150g前後と大きめで、酸味は少なく多汁で甘さも十分。
ぶ毛がないので皮がむきやすいのも魅力です。
おもに静岡で栽培されていて、10月中旬頃から出回ります。

受粉木として、孫悟空が適しています。

 

アップルキウイ

 

 

 

トリム

グリーンキウイのオス品種としては、
この「トムリ」の他に「マツア」も有名ですが、
市場に出回っている苗で多く見かけるのは圧倒的にトムリです。

オス品種なので、もちろん実はなりませんが、
ヘイワードをはじめとして、
様々なグリーンキウイの受粉樹として利用できます。

トリム

 

 

 

孫悟空

センセーションアップル、
ゴールデンキング、ジャンボイエローの受粉樹です。
1本でメスの木、
7本くらいのキウイの受粉樹にんります。

孫悟空

 

 

 

 

 

キウイフルーツの育て方について

キウイフルーツは雌雄異株といって、
最低でも雄株と雌株の2株がなければ、
果実をつけません。

いくつかある品種によって、開花時期が異なるので、
受粉を上手にさせるためには、
開花期が同じ品種を植えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

土づくりについて

使用する道具

 

鉢植えは、市販の果樹用の土か、
赤玉土6:腐葉土4の割合で混ぜた土がおすすめです。

地植えは、苗植えの4週間前から土作りを始めます。
まずは、1つの株に対して直径・深さ30〜40cm程度の穴を掘ります。
掘り上げた土には、1㎡あたりコップ1杯分の苦土石灰を混ぜて、
土の酸性度を弱めておくのがポイントです。

苦土石灰を混ぜてから2週間ほど土を寝かせ、
さらに腐葉土を3割ほど混ぜ込んで、
さらに2週間ほど寝かせば閑静です。

 

pHは6.0~6.5が目安です。
石灰を入れてpH調整しておきましょう。
土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

 

 

 

 

キウイフルーツ苗を植え付けます

使用する道具

 

関東地方以西の、温州ミカンができる地域では、
10月から12月の秋植えにし、
関東地方以北の寒冷地では、
2月から3月の春植えにするとよいでしょう。

雄株を必ず植えますが、庭植えの場合は、
3m以上の間隔をとって植えつけましょう。

庭のスペースがない場合は、鉢で栽培してもかまいません。
鉢は、10号鉢以上の大きな鉢を使用します。
植えつける場所は、風が強く吹きつける場所は避け、
日当たりがよいところが適しています。

また、水はけがよく、水もちのよい土壌を好みます。

次に、苗は2~3芽を残して芽と芽の間で切り、
支柱を立ててヒモなどで誘引して固定します。
最後に、水をしっかり与えて植えつけ完了です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

キウイフルーツの肥料の与え方について

 

使用する道具

 

植え付けのとき、腐葉土と一緒に肥料を混ぜます。
乾燥鶏ふん、パーク堆積などを1割ほど使うのがおすすめです。

あとは、年間2〜3回肥料を追肥しましょう。
庭植えは12月に有機質肥料または、
粒状肥料を株元に与えましょう。

2月と6月も同じように追加で肥料を与えますが、
順調に大きくなっているなら、
特に肥料は与えなくても大丈夫です。

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

 

キウイフルーツの水やりについて

 

使用する道具

 

キウイフルーツの生育は極めて旺盛です。
特に鉢栽培では、夏の水切れには注意しましょう。

できれば株元に、ワラや刈草などで
マルチングしておくとよいでしょう。

 

 

 

人工授粉させます

自然受粉がうまくいきにくため、
人工授粉させる必要があります。

雄花を直接雌花にくっつけてください。
うまく受粉ができていたら果実が生長します。

たくさん成らせると全体の実が小さくなってしまうので、
受粉から1か月後の6月下旬〜7月頃、
枝1本に4〜5個の実を残して残りを取り除きましょう。
最終的には、1m四方に15個前後の果実を残すように、
実を少しずつ摘みとっていきます。

 

 

 

キウイフルーツの仕立てについて

使用する道具

 

つる性果樹なので、ブドウのように「棚仕立て」が適していますが、
庭のスペースが確保できない場合には、
「Tバー仕立て」も見受けられます。

「棚仕立て」では、まず強い枝を2本残し、
1本は予備枝とし、つるが支柱に巻きつき始めたら、
予備枝はかき取り、
勢いのよい枝を棚に誘引してそのまま主枝とします。

 

 

翌年は、主枝から出る枝を約40~50cm間隔で伸ばし、
残した枝の先端を1/3程度切り戻します。
さらに、1年かけて木の骨組みを作り、
果実をつけさせるようにします。

 

「Tバー仕立て」は、勢いのよい主枝を1本支柱に誘引し、
棚下30cmのところで支柱から外したつるを棚上に誘引します。そ
の後は「棚仕立て」と同様にします。

 

 

どちらの場合でも、
雄品種をともに植えることを忘れないようにしましょう。

整枝・剪定は1月から2月の間に行ないます。
果実が着いた節からは、新たに萌芽しないので、
その節の先の芽を、3~5芽残して切り戻します。

前年に果実をつけなかった枝で混み合った部分は、
基部から切り戻すか、基部から8~10芽を残して切り戻し、
棚にバランスよく誘引していきます。

剪定の際は、枝の切り口に殺菌剤「トップジンMペースト」を塗布し、
ゆ合を促します。

 

 

 

 

果実が茶色く色づくと収穫時期です

一般的には、果皮の地色が茶色になったころが収穫の目安です。
霜害を受ける前の11月までに収穫するのがよいでしょう。

天気予報で、最低気温が4〜5度以下になったら霜が降りるので、
すぐに収穫します。
茎のところから、花ばさみなどで切り取って収穫してください。

 

 

 

 

キウイフルーツの病害虫対策について

キウイフルーツの害虫対策について

 

使用する道具

 

 

キイロマイコガ

殺虫剤「ベニカS乳剤」を散布して防除します。

 

 

 

 

キイロヒメヨコバイ

殺虫剤「ベニカ水溶剤」を散布して防除します。

 

 

 

カメムシ

殺虫剤「ベニカベジフルスプレー」、「ベニカ水溶剤」を散布して防除します。

 

 

 

 

 

キウイフルーツの病気対策について

 

使用する道具

 

 

果実軟腐病

殺菌剤「STダコニール1000」や「ベンレート水和剤」を散布して予防します。

 

 

 

 

まとめ

キウイフルーツで注意する点は、
受粉木の選び方です。

キウイフルーツは、オス木とメス木があり、
品種によっては開花時期が違うため、
開花時期が合った受粉木が必要です。

また、開花時期が短いため
人工授粉が必要です。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す