ネクタリンの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

ネクタリンの原産地は、
中央アジアのトルキスタンだとも中国だとも言われています。
どちらも乾燥した地域で、
夏に雨の少ない地域に適応しています。

一般にネクタリンは普通のモモに比べて、
果実に酸味があるのが特徴ですが、
酸味を感じない、いわゆるスイートネクタリンもあります。

そこで今回は、
ネクタリンの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

ネクタリンの品種について

ファンタジア

アメリカで育成された品種で、
親は「ゴールドキング」と「レッドキング」です。

果汁が多く、甘味と酸味が適和していて濃厚な風味が楽しめます。
サイズは250gくらい。
肉質がしっかりしていて日持ちがよいほうです。

ファンタジア

 

 

秀峰(しゅうほう)

主要品種の1つ「秀峰(しゅうほう)」は長野県で誕生しました。
250g前後と大きめで、甘味と酸味のバランスがよく、
果汁も多く食味がよい品種です。
晩生種なので9月中旬頃まで出回ります。

秀峰(しゅうほう)

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

フレーバートップ

アメリカで育成され1969年(昭和44年)に発表された品種です。
日本へは1970年(昭和45年)に導入されました。

果重は250~300gくらいで香りがよく、
甘味、酸味とも多めで濃厚な味わい。
肉質は緻密でややかためながら、
果汁が多くなめらかな口当たりです。

フレーバートップ 

 

 

 

 

ネクタリンの育て方について

ネクタリンはモモと同様、
自家結実性で、花粉の不完全な品種を除いては、
1本だけ植えても問題ありません。

一般の栽培管理はモモと同様ですが、
特に実が雨に弱いので、一部の早生品種を除いては、
袋かけが必要です。

袋も水をはじくような袋を用います。
生育はモモと同じで早く、植えつけた翌年からでも実をつけます。

 

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

ネクタリンは、水はけと水もちのバランスがよい土を好みます。

鉢植えの場合は、
赤玉土(小粒)7~8:腐葉土3~4の割合で混ぜた土か、
赤玉土(中粒)3:腐葉土3:川砂2:バーク堆肥2の割合で
混ぜた土がおすすめです。

市販の果樹用培養土を使ってもかまいません。

地植えは、植え付ける2週間前に苦土石灰を、
1週間前に腐葉土や堆肥を2~3割、
植え穴を掘った土に混ぜて寝かせておきます。

 

 

 

ネクタリンの苗を植えます

植えつけは、11~3月の休眠期が適していますが、
花が咲くのが早いので、
暖地では年内に植えつけを終えることをおすすめします。

真夏は、ネクタリンの植え付けは止めておきましょう。
根ずきにくくなります。

ネクタリンは、極端に根が過湿になるのを嫌うので、
庭植えでも、鉢植えでも、日当たりがよい場所で、
水はけのよい土に植えることが大切です。

 

 

 

桃の水やりの仕方について

水やりの基本は、
土が乾いたら、たっぷり水を与えます。

ただ、地植えは、
植え付けから根付くまでの2週間は、
土が乾いたら水を与えるようにしますが、
その後は特に水やりの必要はありません。

 

 

 

ネクタリンの肥料の与え方について

 

使用する道具

 

ネクタリンは土のチッ素分が多いと枝ばかりが伸び、
花芽がうまくつかないようになります。
肥料は控えめに施すのがポイントです。

植え付けるとき、
土にゆっくりと効く緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

その後は、鉢植えは2~3月と10~12月の2回、
地植えは2~3月、5~8月、10~12月の3回、
堆肥などの有機質肥料か、速効性化成肥料を与えます。

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

スポンサードリンク




 

人工授粉がお勧めです

花粉の多い品種は、
自分の花粉で受粉しますので、1本でもなります。

しかし、鉢植えの場合は、
花数が少ないので、人口受粉がおすすめです。

3~4月頃、6~7割ほど花が咲いたら、
雄花を摘み取り、綿棒などに花粉をつけて雌花につけていきます。
先に摘蕾をすませておくと、受粉する花の数が少なくすみます。

 

 

 

ネクタリンの剪定について

桃の剪定の時期は、12~2月です。

桃は古い株からは、新芽が発生しにくく、
1~2年の枝に新芽が発生するので、強剪定を行わず、
1~2年の枝を残すようにします。

 

 

 

 

実が付いたら袋掛けを行います

使用する道具

 

病害虫から実を守るため、
摘果で残した実に袋をかけておきます。
袋ははずれないよう、枝にしっかりと結びつけてください。

 

 

実が色づいてきたら、収穫します

袋かけをした場合は、
収穫の1週間前になったら袋を外し、
果実を日光に当て着色させます。

果実が色づいて、よい香りがしてきたら収穫をします。

 

 

 

ネクタリンの病害虫対策について

ネクタリンの害虫対策について

 

使用する道具

 

 

 

アブラムシ

虫殺菌剤「ベニカマイルドスプレー」、殺虫剤「ベニカ水溶剤」、「家庭園芸用スミチオン乳剤」、「ベニカR乳剤」、「ベニカベジフルスプレー」を散布します。

 

 

 

モモハモグリガ

葉の中に侵入し、葉肉を食い荒らし、落葉させます。モモハモグリガには、殺虫剤「ベニカ水溶剤」、「ベニカS乳剤」、「家庭園芸用スミチオン乳剤」を散布します。

 

 

 

モモノゴマダラメイガ

実に袋かけすることによって、防止できます。

 

 

 

ハダニ

殺虫剤「ダニ太郎」を散布します

 

 

 

コガネムシ

殺虫剤「ベニカ水溶剤」を散布します。

 

 

 

シンクイムシ

殺虫剤「ベニカ水溶剤」、「ベニカS乳剤」、「ベニカR乳剤」を散布します。

 

 

 

ネクタリンの病気対策について

 

使用する道具

 

 

縮葉病

殺菌剤「サンケイオーソサイド水和剤80」を、発芽前に芽の周りによくかかるように丁寧に散布します。

 

 

灰星病

殺菌剤「STダコニール1000」、「ベンレート水和剤」を散布して予防します。

 

 

まとめ

ネクタリンはモモの変種で、
夏に雨の少ない地域に適応したものです。

夏に雨の多いわが国では、裂果を起こしたり、
灰星病などの病気にかかりやすく、
栽培しにくい種類です。

一般にネクタリンは普通のモモに比べて、
果実に酸味があるのが特徴です。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す