目覚まし時計をかけても、無意識で止めてしまう 二度寝してしまわないための、おすすめの方法を紹介します

目覚まし時計をかけても、
無意識で止めてしまう。
気付くと、二度寝してしまって
起きた時には、もうこんな時間!!
なんて経験はありませんか?

そこで今回は、
目覚まし時計をかけても、無意識で止めてしまう
二度寝してしまわないための、おすすめの方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




二度寝しない方法について

目覚まし時計を遠くに置く

この方法は、最もベターな方法です。
布団から出なくては、目覚まし時計を止められない状況を作るのです。
そうすることで、多少は目が覚めますよね。

 

朝起きたら、カーテンを開けて部屋を明るくしましょう

人間は体内時計というものを体に持っていて、
それは日光を浴びることで調整することができます。

なんだか寝起きが悪いなと感じたら、
まずは、カーテンを開けてお日様の光を部屋に取り込みましょう。
日光を体いっぱい浴びることで自分の体内時計を調節し、
規則正しい睡眠に切り替えていくことができます。

遮光カーテンはNGです

一時期、外から日の光や熱を遮断する遮光カーテンがブームになりましたよね。
遮光カーテンだと、朝になっても
日差しが部屋まで届かなくて、朝なのか夜なのか分かりません。

朝日を浴びることによって、人間は自然な寝起きを感じることができ、
すっきりと目覚めることができます。
夜中はなるべく光を感じないほうがよいのですが、
朝は逆に日の光を浴びないといけないわけです。

カーテンは遮光カーテンではなくて、
通常のカーテンにしておきましょう。

 

目覚めのストレッチをしましょう

朝、起きて軽めのストレッチをすると血行が良くなり、
脳も体も目覚めやすくなります。

やり方は簡単です。
布団の中でもOKです。
伸びをするような感じでストレッチをします。

 

朝のストレッチのやり方の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

スポンサードリンク




朝起きる時間を決めて、それ合して寝る時間を決めます

快適に目覚める、
レム睡眠の時に目覚めることです。

その為には、レム睡眠、ノンレム睡眠のサイクルを知る必要があります。

一般的に、人間の睡眠の周期は90分なんです。

眠りに入るとまずはすぐに浅い睡眠である「レム睡眠」の状態になります。
その後、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返すのですが、
この周期が約90分と言われています。

つまり眠りに入ってから、
1.5時間、3時間、4.5時間、6時間、7.5時間、9時間後に
レム睡眠の状態になっているので、
このタイミングで起きると目覚めがスムーズで機嫌よく起きられます。
つまり、大体6時間か7.5時間睡眠が理想と言えますね。

ですので、睡眠時間を6時間か7.5時間と考えて、
これに合わせて就寝時間を決めましょう。

.

 

ノンレム睡眠とレム睡眠についての動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

二度寝は大変気持ちがいいので、
ついつい二度寝してしまいますが、
決まって遅刻してしまいます。

二度寝してしまわないためにも、
この方法を試してみて下さい。

 

 

スポンサードリンク





 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す