サンデリアーナの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

サンデリアーナは、バンブーとも呼ばれます。
バンブーは、俗称で、本当の名はサンデリアーナです。

バンブーは「竹」と言う意味で、
竹に似ているためにそう呼ばれているのです。

西部アフリカのカメルーンなどに分布する熱帯性の常緑低木で、
観葉植物として親しまれています。

そこで今回は、
サンデリアーナの育て方について
肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、
元気に育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

サンデリアーナの育て方について

サンデリアーナの土づくりについて

サンデリアーナは、水もちと水はけの良い土が適しています。

市販の観葉植物の土が適しています。

観葉植物の土

 

 

 

サンデリアーナの植替えの仕方について

サンデリアーナの植え替え適期は短く、5月から8月です。

鉢から抜いて、全体にぐるぐる表面に根が巻いてる状態なら
軽くほぐし、鉢ぞこにあたる部分も様子をみて、
根が巻いてるようなら、根をはずしその部部を切って植え込みします。

根が回っていたということなので、
一回り大きい鉢がお勧めです。

サンデリアーナ

 

 

 

 

サンデリアーナの肥料の与え方について

肥料は初夏~秋の間に、
マグアンプを2ヶ月に1回与えます。

即効性の肥料は、根を傷める心配があるので、
緩効性のマグアンプがお勧めです。

マグアンプ

 

 

 

サンデリアーナの水やりの仕方について

春から秋ごろまでは、
鉢土の表面が乾いてから与えます。

夏場は水切れに注意しなければいけませんが、
吸水性の水遣りはダメですよ。
根腐れの原因になります。
また、、夏・冬の乾燥期は週に2回程度霧吹きで葉水を与えて、
湿度を高めて下さい。
葉先枯れ防止・病害虫予防にもなります。

 

 

サンデリアーナ置き場所について

サンデリアーナは、
西部アフリカのカメルーンなどに分布する熱帯性の常緑低木で、
観葉植物として親しまれています。

ジャングルのような所に、
大きな木の木漏れ日を浴びながら、自生していますので、
あまり強い光を好みません。

特に真夏の直射日光下では、
葉やけを起こしてしまいます。

ある程度の日陰には耐えることができますので、
一年を通してレースのカーテン越しのような
柔らかい光を当てて育てます。

熱帯性の植物で暑さには強いですが、寒さには少し弱いです。

15℃を切ると生育が鈍ります。
5℃くらいの気温まで耐えますが、
葉が黄変して枯れ落ちてしまうことがあります。

8~10℃くらいあれば寒さで葉が落ちる心配はありませんが、
10℃くらいあったほうが無難です。

 

サンデリアーナの剪定の仕方について

サンデリアーナはかなり大きくなります。
私の育ててるサンデリアーナは、2年目で1.5メートル位になってます。

あまり大きくしたくなければ、
程良い長さになったら、切り戻してあげたら良いですよ。

切り戻した部分から脇芽が出てきて、
こんもりして、なかなかの見応えのある株になります。

切り戻した枝は水差し(メネデール希釈水に)すれば、3
週間位で根が出てきて増やしたり、
お友達に分けてあげる事も出来ます。

 

 

 

サンデリアーナのの増やし方について

そんなに難しくないので、
大きくなったら 挿し木でふやせます。

サンデリアーナは、枝分かれしないで伸びますので、
ある程度の大きさになったら切り戻しを行います。
結構短く切っても発芽してきますよ。

切った先は、水差しにするか、
土に挿し木して増やすことが出来ます。
時期は5、6月頃だ適当です。

水に挿したほうが早く発根しますが、
水の根は土に植えると吸水力が悪くなりますので、
出来れば土の挿し木にトライする方が良いと思いますね。

下の方から葉をむしり、
3、4枚くらいにして挿すと良いとお思いますよ。

直射日光が当たらない、
明るい場所で育てるようにしてみて下さい。

 

 

 

スポンサードリンク




 

サンデリアーナには、HB101がお勧めです

HB101は、宣伝がすごかったので、
初めて使ってみました。

効果は気がついたら「病気が出なくなっていた」です。

以前に定期的にやっていました。
実感がわかずに辞めました。

そして気がついたら、
使用している時は病気の症状が出なかった。
辞めたら発生した、です。

それと最近口角のところが割れてきたのですが、
101を塗ったら治った、です。

もちろん治る時期だったのかもしれません。
できたのに気がついて塗って2、3日で良くなりました。

HB-101

 

 

サンデリアーナの病害虫対策について

サンデリアーナの害虫対策について

使用する道具

 

ハダニ

ダニ太郎を散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
ハダニの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

カイガラムシ

薬剤に強いので、ティッシュで拭き取ったり、ピンセット等で取り除きます。
効果的なのは、水で洗い流すと良いです。
鉢土に卵が潜んでる可能性が有るので、洗い流した後は植え替えると安心です。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
カイガラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

サンデリアーナの病気対策について

特にありません

 

 

 

まとめ

サンデリアーナは、挿し木で簡単に増やすことができます。

サンデリアーナは直射日光が苦手で、
冬は10℃以上の気温で管理するようにしましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す