ポーチュラカの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ポーチュラカは、
夏の強い日差しにも負けずに成長する、
初心者でも育てやすい植物です。

肉厚の葉は、
水分をたっぷり含んでいるため、
日照り続きに強く、乾燥地を好み地面をはうように生育します。

そこで今回は、
ポーチュラカの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ポーチュラカの花言葉について

ポーチュラカの花言葉は、
「いつも元気」です。

暑さや乾燥にとても強く、
夏の炎天下でも、
かわいい花をつぎつぎに咲かせることにちなみます。

ポーチュラカ

 

 

 

 

ポーチュラカの育て方について

土づくりの仕方について

ポーチュラカは、
水はけのよい土を使用します。

市販の草花用の培養土が適しています。

草花用培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土(小粒)5:腐葉土3:川砂2を混ぜあわせて使用します。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけ適期は、
5月~8月です。

複数株を植える場合は、
株間を20cmほどとります。

花は日が当らないと開きません。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

水をやりすぎると、
根腐れを起こすので注意します。

鉢植えの場合は、
土の表面が完全に乾いてから、
たっぷりと水を与えます。

 

 

地植えの場合は、
水やりの必要はありません。

自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけのタイミングで、
ゆっくり効く緩効性の化成肥料を混ぜ込んでおきます。

マグアンプ

 

 

その後、鉢植えは、
花が咲いたら月に1回ほど液体肥料を与えます。

ハイポネックス

 

地植えの場合は、
追加しなくても大丈夫です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

5月頃播種しますが、
挿し芽でもふやすことができます。

 

挿し芽の場合は、
茎先を5~15cm切り取り、
バーミキュライトや川砂など、
水はけのよい土を入れた鉢やポットに挿します。

 

 

 

 

病害虫対策について

風通しが悪く、湿度が高い環境が続くと、
アブラムシが発生することがあります。

 

アブラムシには、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す