コナジラミの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

4月~10月の時期になると、
植物に触ると、白い小さな虫が飛び交う状況を
見たことはありませんか?

この白い小さな虫が、コナジラミです。

コナジラミは、
繁殖力が強くウイルス病を媒介するので、
トマトやイチゴ、花卉、観葉植物など
ハウス園芸の大害虫として恐れられています。

そこで今回は、
コナジラミの退治・駆除・予防の仕方について
農薬を使用しない方法や効果的な農薬・
おすすめの方法を紹介します 。

 

 

 

スポンサードリンク




 

コナジラミの害について

コナジラミは、植物の栄養分を吸い取ってしまいます

植物の葉裏に寄生して汁を吸われるため、
葉緑素が抜け白いカスリ状になります。

生育が悪くなり、発生量が多くて被害が進行すると、
草花や野菜では枯死することもあります。

また、シルバーリーフコナジラミでは
トマトなどの果実の色がまだらになるなど、
着色異常果が発生したりします。

 

 

 

病気を媒介します

排泄物の上に「すす病」が発生して、
葉や果 実が黒くなります。

適温では急激に発生するため、
あっという間に黒くなります。
また、アブラムシ同様にウイルス病を媒介することもあります。

 

 

 

コナジラミ退治の仕方について 農薬を使用しない場合

シルバーマルチを使用する

 

使用する道具

 

シルバーマルチとは、その名の通りで
銀色のマルチになります。

銀色のマルチは、光を反射します。

コナジラミは太陽光を嫌うので、
シルバーマルチが効果的です。

 

地面にこのシートを広げ、
その上にコガネムシやカメムシを乗せると、
頭をシートにこすりつけるように下に向かって羽ばたきして、
シートの上をぐるぐる回るだけで、まともに飛び回れなくなります。
シートからの太陽光で飛翔行動がうまくできないので、
虫が近ずかないのですね。

この方法は簡単なので、
ぜひ活用してくださいね。

 

 

防虫ネットを使用する

 

使用する道具

 

 

 

防虫ネットを設置し、
外部からの飛び込みを防止する事です。

ただアザミウマ類は微細なので、
通常の1mm目合いでは効果が劣ります。
できれば0.8mm以下の規格が無難かと思います。

 

 

 

洗剤や牛乳をかける

コナジラミの退治方法ですが、
農薬が一番効果がありますが、
安全性を考えるとこれがよいです。

洗剤か石鹸を水に溶かして霧吹きでぶっかけます。
コナジラミの体に洗剤、石鹸が付くと、
呼吸ができなくなるので死にますよ。

ただし、コナジラミが呼吸できなくなるということは、
植物も呼吸できなくなるということです。
コナジラミが死んだら、
植物に付着した牛乳は洗い流しましょう。

 

 

 

HB101を使用する

無農薬で野菜や植物を育てるのには、
HB101をお勧めします。

わたし自身も、謳い文句に半信半疑で使い始めましたが、
HB-101の1000倍液は、どんな野菜にも、
使用した場合としない場合では育ち方や害虫被害など、
雲泥の差が出ます。

是非、使ってみてください。

 

HB-101

 

 

 

コナジラミ退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫と殺菌効果があります)

ベニカXファインスプレー(お勧めです)

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

 

ベニカXファインスプレー

 

 

ベニカXスプレー

草花・庭木の害虫と病気を同時に防除します。
害虫はノックダウン効果ですばやく退治し、再発生も軽減します。
病気には浸透移行性の殺菌成分で、予防と治療に効果的です。
植物への展着性が良く、安定性にもすぐれた総合殺虫殺菌剤です。

 

 

 

 

ベニカX乳剤

草花・庭木に発生しやすい害虫と病気を同時に防除します。
アブラムシ、ケムシ、うどんこ病が発生しやすい、
さるすべり、 はなみずきなどの花木にはおすすめです。

 

 

 

 

ベニカベジフルVスプレー

野菜(トマト・ミニトマト・きゅうり・なす・ピーマン)と
果樹(かき・りんご・なし・おうとう)の病害虫防除におすすめです。
持続性のある殺虫成分により、
月に1回散布するだけで害虫(アブラムシ)から植物を守ります。

 

 

 

 

ベニカグリーンVスプレー

野菜、草花・観葉植物、花木など幅広い植物の病害虫を防除します。
トマト、きゅうり、なす、いちごでは散布翌日に収穫できます。

 

 

 

 

ベニカマイルドスプレー

様々な野菜やハーブ、果樹などで使えます。
有機JAS規格(オーガニック栽培)で使用可能な、
食品成分から生まれた殺虫殺菌剤です。
イヤな臭いもなく、野菜や果樹の収穫前日まで使え、
使用回数の制限もありません。

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

モスピラントップジンMスプレー

野菜や花の害虫と病気を同時に防除します。
害虫には接触及び持続効果、病気には予防と治療効果があります。
浸透移行性の殺虫成分で、コナジラミなど葉裏にいる害虫にも有効です。

 

 

 

 

 

アーリーセーフ

ハーブや野菜類のアブラムシ、ハダニ、うどんこ病の同時防除に効果的です。
天然物(ヤシ油)由来の有効成分で、有機農産物栽培にも使用できます。
臭いも少なく、収穫前日まで使用できるので、家庭菜園での使用に便利です。

 

 

 

 

 

コナジラミ退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫効果のみです)

オルトランDX粒剤

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

 

 

 

 

ベストガード粒剤(お勧めです)

アブラムシ類やアザミウマ(スリップス)、
コナジラミなどの吸汁性害虫に高い効果を発揮します。
長期間効果が持続します。
効果の持続期間が長いので、害虫の防除薬として適しています。
散粒容器入りで、手軽に使用できます。

ベストガード粒剤

 

 

 

ベニカJスプレー

直噴散布でケムシ、イラガなど
高い所や近寄りたくない害虫を遠くからねらい撃ちできます。
ケムシには速効性と1週間の持続性(チャドクガ、アメリカシロヒトリ・若令幼虫)
があり、散布後に発生した害虫も退治します。
浸透移行性により、
葉の中や散布液がかかりにくい場所に生息している害虫にも効果的です。

 

 

 

 

ベニカベジフルスプレー

幅広い害虫に優れた効果があり、だいこん、キャベツなどの野菜、うめ、かき、かんきつなどの果樹に使えます。
速効性と持続性(アブラムシで約1ヵ月)を実現。分は葉裏まで浸透し、葉の中や葉裏の害虫まで退治します。

 

 

 

 

パイベニカVスプレー

天然殺虫成分(除虫菊を使用)
で害虫をすばやく退治します。
有機JAS規格(オーガニック栽培)で使用可能です。
キャベツ、こまつなのアオムシ、なすの、
テントウムシダマシなどの食害性の害虫にもよく効きます。

天然殺虫成分ですので、安心です。
殺虫効果は低めです。

 

 

 

 

ベニカR乳剤

アブラムシ、ハダニはもとより
花弁を傷つけシミの原因となるヒラズハナアザミウマまで、
ばらに発生する様々な害虫を速効退治します。
蕾を加害するバラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)には、
1~2週間の持続性があります。

 

 

 

 

アクテリック乳剤

薬剤が直接かかって退治する接触効果と、
ガス効果を兼ね備えた殺虫剤です。
オンシツコナジラミ・カイガラムシ・アブラムシなどの
広範囲の害虫にすぐれた効果を発揮します。

 

 

 

 

ベニカ水溶剤

野菜、果樹、花など幅広い植物に使用できます。
有効成分が葉や茎から吸収されて植物体内にゆきわたり、
殺虫効果が持続する(アブラムシで約1ヵ月)。
すぐれた浸透移行性殺虫剤です。

また有効成分が葉の表から裏に移行しますので、
葉裏に隠れている害虫にも有効です。

コナジラミ、カイガラムシ、カメムシ、ケムシ、アオムシ、カミキリムシ、コガネムシ等の害虫にも効果的です。

 

 

 

 

まとめ

コナジラミは、種類を問わずさまざまな植物に寄生して、
栄養を吸い取る害虫です。

一度寄生されると、
大量発生するので厄介です。
見つけたらすぐに駆除しましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す