グンバイムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

グンバイムシは、
成虫、幼虫共に植物の葉裏に寄生して吸汁します。

成虫の外観が、相撲の軍配に似ている事から、
グンバイムシと名前が付きました。

被害に遭った作物は、
吸汁により葉緑素が抜けて、
葉色が白くかすり状となり、
排泄物で葉裏が黒くすすけて汚れます。

そこで今回は、
グンバイムシの退治・駆除・予防の仕方について
農薬を使用しない方法や効果的な農薬・
おすすめの方法を紹介します 。

 

 

スポンサードリンク




 

グンバイムシの害について

植物の栄養を吸い取ります

グンバイムシの発生時期は4~10月で、
特に被害が多いのは春先です。

植物の葉っぱの裏に付いて栄養を吸い取り、
吸い取られた葉っぱの表面には白い斑点が現れます。

 

 

白い斑点は、だんだんかすり状になり、
葉っぱの裏にはヤニのような黒い排泄物をたくさん付けます。

桜やシャクナゲ、ツツジ、サツキ、アジサイ、
柿、栗、りんご、桃、梅、菊、ナス、フキ、ゴボウ、
アーティーチョークやサツマイモが、害に遭いやすいです。

 

 

 

グンバイムシ退治の仕方について 農薬を使用しない場合

HB101を使用する

無農薬で野菜や植物を育てるのには、
HB101をお勧めします。

わたし自身も、謳い文句に半信半疑で使い始めましたが、
HB-101の1000倍液は、どんな野菜にも、
使用した場合としない場合では育ち方や害虫被害など、
雲泥の差が出ます。

是非、使ってみてください。

 

HB-101

 

 

 

 

グンバイムシ退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫と殺菌効果があります)

ベニカXファインスプレー

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

 

 

 

 

ベニカXファインエアゾール

ばらの害虫と病気に優れた効果のある殺虫殺菌剤です。
虫に対しては速効性と持続性(アブラムシで約1カ月)を実現しました。

 

 

 

 

オルトランC

害虫に対しては速効性と持続性を兼ね備えているので、
害虫防除に効果的です。

更に、うどんこ病や黒星病にも効果があり、
ご家庭の園芸常備薬としておすすめです。

 

 

 

 

ベニカグリーンVスプレー

野菜、草花・観葉植物、花木など幅広い植物の病害虫を防除します。
トマト、きゅうり、なす、いちごでは散布翌日に収穫できます。

 

 

 

 

 

グンバイムシ退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫効果のみです)

 

ベニカJスプレー

直噴散布でケムシ、イラガなど
高い所や近寄りたくない害虫を遠くからねらい撃ちできます。
ケムシには速効性と1週間の持続性(チャドクガ、アメリカシロヒトリ・若令幼虫)
があり、散布後に発生した害虫も退治します。
浸透移行性により、
葉の中や散布液がかかりにくい場所に生息している害虫にも効果的です。

 

 

 

オルトラン液剤(お勧めです)

葉から吸収されて植物体内にゆきわたり、
広範囲の害虫に対して効果が持続するすぐれた浸透移行性殺虫剤で、
害虫防除薬として適しています。

オルトラン液剤

 

 

 

スミチオン乳剤

アブラムシ・スリップス・アメリカシロヒトリなど、
各種の害虫に効果のある家庭園芸の代表的な殺虫剤です。

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

オルチオン乳剤

家庭園芸で代表的なオルトランとスミチオンの有効成分を混合した殺虫剤です。
予防的効果※(アブラムシ)による持続性と
直接殺虫効果で様々な害虫を効果的に退治します。

 

 

 

 

スミソン乳剤

スミチオン乳剤とマラソン乳剤の混合の薬品です。

草花や庭木などのアブラムシをはじめ、
アメリカシロヒトリなどケムシ類を退治します。

 

 

 

 

アクテリック乳剤

薬剤が直接かかって退治する接触効果と、
ガス効果を兼ね備えた殺虫剤です。
オンシツコナジラミ・カイガラムシ・アブラムシなどの
広範囲の害虫にすぐれた効果を発揮します。

 

 

 

 

モスピラン乳剤(お勧めです)

アブラムシをはじめケムシ類まで幅広く退治し、
しかも効果は約2週間持続する浸透移行性の殺虫剤です。
従来とは全く異なる殺虫作用で、
抵抗性のついた害虫にもすぐれた効果を発揮します。

モスピラン乳剤

 

 

 

ベニカマツケア

ケムシなどの松の害虫に効果的です。
松くい虫(マツノマダラカミキリ)には、
約2ヵ月の持続効果があります。

 

 

 

 

オルトラン水和剤

散布面積が広い場合や、背の高い庭木などに適しています。
効きめは浸透移行性で、効果の持続性があり、
広範囲の害虫防除におすすめです。
計量の手間がいらない便利な分包品です。

 

 

 

 

ベニカ水溶剤

野菜、果樹、花など幅広い植物に使用できます。
有効成分が葉や茎から吸収されて植物体内にゆきわたり、
殺虫効果が持続する(アブラムシで約1ヵ月)。
すぐれた浸透移行性殺虫剤です。

また有効成分が葉の表から裏に移行しますので、
葉裏に隠れている害虫にも有効です。

コナジラミ、カイガラムシ、カメムシ、ケムシ、アオムシ、カミキリムシ、コガネムシ等の害虫にも効果的です。

 

 

 

 

まとめ

グンバイムシは、
株の風通しをよくするといった、
普段からのメンテナンスで予防することができます。

もし、グンバイムシを見つけたら、
すぐにに退治しましょう。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す