ノボタンの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

ノボタンは、
夏から秋の終わりにかけて、
赤から青紫の大きめな花を咲かせます。

花つきがよく、次々と咲いてくれるのでとても目立ちます。

葉はよく目立つ葉脈が入り、
花に比べると比較的小さめで細長いです。
株は茎が木質化して大きくなりますが、
剪定して小さめのサイズを保つこともできます。

そこで今回は、
ノボタンの育て方について紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

ノボタンの花言葉について

ノボタンの花言葉は、
「ひたむきな愛情」です。

ノボタンの落ち着く色合いや、

自然な咲き方がこのような花言葉を連想させるのでしょう。

ノボタン

 

 

 

 

ノボタンの育て方について

植えつけ方法について

植え付けは4月から6月にかけて行います。

ノボタンは、とても成長の速度が速い植物です。
植え付けてからは根がどんどん伸びていきます。

ですので、ノボタンは地植えがお勧めです。
日光が大好きなので、日当たりの良い場所に植えましょう。

鉢で育てる場合は、
大きな鉢に植え付けるようにしてください。
鉢が狭いと根詰まりしてしまうこともあります。

まず購入してきたノボタンを、
ポット苗から外します。

この時に根が回りすぎていたら、
根をほぐすようにして、下のほうは園芸用ばさみで切りましょう。

 

ワンポイントアドバイス
ノボタンは、
良く根をので、根が張りやすい土づくりをしましょう。
水はけが良く、有機物に富んだ土を好みます。
そのため、赤玉土を主体にして、
鶏糞や腐葉土を5割ほどすき込み、
ピートモスで、水はけのよい土を作ります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

ノボタンは、たくさん花を咲かせます。
つまり、それだけ肥料も必要です。

花に特に効果がある、
マグアンプがお勧めです。

中粒で、約1年間の肥料効果です。

マグアンプK

 

また、夏ばて気味の時にいは、
速効性のある液肥を与えましょう。

液肥

 

 

 

 

水やりの仕方について

ノボタンは、夏には成長期ということもあり、
水を大量に必要とします。

ですので、水枯れがないように注意しましょう。

特に、開花しているときは、
水を吸うので水切れしないようにしてください。

水切れすると、
葉っぱが落ち、花が落ち、最悪枯れることがあります。

 

冬は成長が鈍くなるので、
水を吸い上げる力も弱くなります。
土が乾いていたら数日経って、水をやる程度にしましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

花が終わったら切り戻しをしましょう

ノボタンは、6月から11月頃までは、
繰り返し絶えず花を咲かせ続けます。

しかし、花が枯れると種を作ろうとします。
種を作ると体力が必要となり、次の花が咲きにくくなります。

咲き終わった花はこまめに摘み取りましょう。

 

 

 

 

冬越しの仕方について

ノボタンの耐寒性は、5℃です。
つまり、寒冷地でなければ冬越しは可能です。

株もとに藁を聞き詰め、
防寒対策をしてあげましょう。

地上部が寒さで枯れてしまったとしても、
防寒対策をしておくことによって、
春には芽を出しますよ。

 

 

 

 

増やし方について

ノボタンは挿し木で増やすことが出来ます。

時期は5月頃に行うと良いでしょう。

赤玉土に十分水揚げした枝の葉を2節つけて、
下葉を取り除いてその部分を土の中に挿します。

土が乾かないように日陰で管理すると、
約1カ月で発根します。

徐々に日光に当てていき、
しっかり根が張るまで育ったら定植させましょう。

 

 

 

 

害虫対策について

ノボタンは一般的に害虫に強いです。

ただし、アブラムシが発生することがあります。
アブラムシが発生したら、増える前に除去しておきましょう。

速効性と持続性(約1ヵ月)効果がある、
ベニカベジタブルがお勧めですよ。

ベニカベジフルスプレー

 

こちらの記事も参考にしてみてください
アブラムシの特徴や退治・駆除・予防の仕方

 

 

 

 

まとめ

ノボタンは、害虫に強く育て易い特徴があります。

綺麗な花をどんどん咲かせますので、
是非、チャレンジしてみてください。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す