コーカサス マツムシソウの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

コーカサス マツムシソウは、
トルコ北部やイラン北部が原産のお花です。

マツムシソウという名がつくのは、
マツムシが鳴く頃に咲く頃に咲くからです。

とても長い花茎が伸びて、その先に、
大輪で花弁が広い平らな感じの花が咲きます。
花径は8~9㎝ほどです。

そこで今回は、
コーカサス マツムシソウの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

コーカサス マツムシソウの花言葉について

コーカサス マツムシソウは、
とてもきれいな花を咲かせるのですが、
花言葉は「怖い」「ネガティブ」「贈り物には不向き」です。

 

 

海外では、紫色を「不幸の色」「悲しみを表す色」とされているらしく、
このような花言葉が付けられたそうです。

こんなにきれいなお花なのに、
ちょっと残念ですね。

 

コーカサス マツムシソウ

 

 

 

 

コーカサス マツムシソウの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花用培養土を使用します。

自分で配合する場合は、
赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を2対1程度に
混ぜ合わせます。

 

草花用培養土

 

 

 

 

植えつけ方について

コーカサス マツムシソウは、
日当り、水はけの良い場所を好みます。

地植えする場合は、
酸性土を嫌うので苦土石灰を1㎡当たり50~100g程度をすき込み、
1週間後に根を動かさないように注意して植え付けます

 

苦土石灰

 

また、地植えする場所の土が固い場合は、
腐葉土(又はバーク堆肥)1㎡当たり10Lほど入れて、
庭土とよく混ぜてから植えつけます。

腐葉土

 

株間は、25㎝ほどです。
標準のプランターの場合は3株が目安です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面がしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

多湿には弱いので、
水の与えすぎには注意します。

 

 

 

肥料の与え方について

肥料はあまり必要としません。
逆に、肥料が多すぎると、伸びすぎて倒伏しやすくなります。

植え付けの時に、腐葉土を入れておけば、
それだけで大丈夫です。

成長期の春と秋には、
少量の緩効性肥料(マグアンプ)を与えます。

 

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

本来は宿根草ですが、
耐暑性は弱く、
日本の温暖な気候には合わず、1年草扱いになります。

春や秋の株分け、
または5~6月の播種でふやすことができます。

種は殻の中に入っていて、
そのままではなかなか発芽しないので、
播種の場合は、種を砂と一緒によくもんでから播きましょう。

覆土は2~3mmほどにします。

 

 

 

 

病害虫対策について

多湿や風通しが悪いと、
葉にカビが生える灰色かび病が発生することがあります。

一度発生すると、
葉が落ちてしまうまで直らないので、
予防のために農薬を使用します。

 

また、発生してしまった場合は、
それ以上広がらないように、
農薬を使用します。

 

発生したらダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す