シロタエギクの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

シロタエギクは、
花壇の寄せ植えなどでよく見かける植物です。

白い毛の生えたシルバーリーフで、
混植により、主役をよく引き立てます。

ほかの花々を美しく引き立てるのに、
もってこいの存在として親しまれています。

そこで今回は、
シロタエギクの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

シロタエギクの花言葉について

シロタエギクの花言葉は、
「あなたを支えます」「穏やか」です。

 

ガーデニングでは他の花を引き立てることに用いられることが多く、
そこから由来しています。

シロタエギク

 

 

 

シロタエギクの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花用培養土を利用します。

草花用培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土小粒6、腐葉土4の割合で配合して使用します。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
1年を通しで、いつでも大丈夫です

日当たりがよく、水はけのよい場所に植えます。
日照不足だと、葉が緑色になります。

株間は30cm位とります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

シロタエギクは、乾燥気味に育てます。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

 

 

肥料の与え方について

ほかの花と一緒に植えることが多いので、
植える花に合わせた肥料の与え方で大丈夫です。

 

シロタエギク単独で植える場合は、
植えつけ時に元肥を、生育期に緩効性化成肥料を2か月に1回追肥します。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

春と秋に挿し芽で増やすことが出来ます。

茎の先端を7~8cm切り、
水はけのよい用土に挿します。

 

挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

 

アブラムシが発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す