アガスターシェの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アガスターシェは、
かわいらしいトランペットのような花を穂状につけ、
初夏から秋まで長期間花を咲かせます。

また、葉っぱをこすると、
清涼感のあるすっきりとした香りがします。

香りは乾燥させても残るので、
ポプリやドライフラワーにもすることができます。

そこで今回は、
アガスターシェの育て方について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

アガスターシェの花言葉について

アガスターシェの花言葉は「澄んだ心」です。
見た目の清楚さと相まって、
とても素敵な意味が込められています。

アガスターシェ

 

 

 

アガスターシェの育て方について

種まきの仕方について

アガスターシェの種まきは少し遅く、
4月下旬~5月下旬頃、
もしくは、9月中旬~10月上旬になります。

春にまいたほうが温暖な気候で成功しやすいのでおすすめです。

用土は、種まき培土がお勧めです。

種まき培土

 

覆土は薄くして、乾燥や直射日光から守りましょう。
約1週間ほどでは発芽してきます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

土づくりについて

特に用土は難しくありません。
草花用の培養土やハーブの土で問題なく育ちます。

自分で作る場合は、
赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。
日当たりが良い場所を好みますので、
置き場所に気を付けましょう。

 

 

 

 

水やりの仕方について

植え付け後、
根付くまでは土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。

冬は休眠期に入りますので、
乾燥気味に育てます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料は春と秋に化成肥料を施します。
マグアンプが適しています。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

アガスターシェの増やし方は簡単です。

種と株分けで増やすことが出来ます。

たくさんの花が咲き、
種がたくさんできます。

放っておいても、
自然に種が落ち、来年発芽してきます。

 

 

 

 

病害虫対策について

殆ど発生しません

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す