アグロステンマの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アグロステンマは、
ヨーロッパや西アジア原産の
5~7月にかけて花を咲かせる1年草です。

草丈は60~70cmぐらいです。
花は直径2~3cm、ピンク色で、
中心部がほんのりと白くなります。

切り花、苗ものの両方として流通しています。

そこで今回は、
アグロステンマの育て方について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

アグロステンマの花言葉について

アグロステンマの花言葉は、
自然を好む、気持ちがなびく、育ちのよさ、小国の王です

ヨーロッパの麦畑に、
美しく咲いているイメージからきています。

アグロステンマ

 

 

 

 

アグロステンマの育て方について

種まきの仕方について

9~10月に種まきを行います。

アグロステンマは発芽率が良いので、
花壇や鉢に直接種まきを行います。

覆土は種が隠れるくらい、
薄くです。

覆土には、種まき培土がお勧めです。

種まき培土

 

 

 

土づくりについて

アグロステンマは、水はけがよければ
土の質をあまり選びません。

通常に販売されている花の土で十分育ちます。

やせ気味の土でも育ちます。

日当たりが良い場所で育てましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

地植えの場合は、
水やりは必要ありません。

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
午前中にたっぷりと水やりをしましょう。

 

 

 

 

肥料の与え方について

肥料は控えめに育てます。

たくさん与えすぎると、
草丈が伸び過ぎて倒れやすくなります。

肥料は緩効性肥料(マグアンプ)を与えます。

大きさによって、
肥料の持続日数が違いますので、
パッケージを参考にしてみてください。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

冬越しや夏越しの方法

アグロステンマの耐寒温度は-3度です。

関東より南は、特に何もしなくても大丈夫です。

関東より北は、
不織布をかけたり、室内に入れたり対策をしましょう。

アグロステンマは一年草の為、
夏越しはできません。

 

 

 

 

病害虫対策について

長雨が続くと、灰色かび病が発生することがあります。

灰色かび病が発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

 

また、秋と春にアブラムシが発生することがあります。
この場合も、ベニカX ファインスプレで対応できます。

ベニカX ファインスプレ

 

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す