インパチェンスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

インパチェンスは、
半日陰に彩りを添えてくれる花です。
北向きの玄関や日陰の花壇、ビルの間のスペースなど、
日当たりの悪い場所でもよく育ちます。

咲き方や色も豊富で、
ガーデニングでも人気があります。

そこで今回は、
インパチェンスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

インパチェンスの花言葉について

インパチェンスの花言葉は、
「短気」「私に触れないで」です。

花言葉の由来は、
熟した実に触れると、
すぐ弾けることからつけられています。

インパチェンス

 

 

 

 

インパチェンスの育て方について

土づくりについて

インパチェンスは、
水はけのよい土を好みます。

市販の草花用培養土などを利用し、
さらに牛ふん堆肥を1割ほど加えます。

また、連作を避け、
半日陰で風通しのよい場所に植えます。

根にコブを作るネマトーダが付きやすいので、
被害を避けるために、
必ず新しい配合土を使って植えましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつける時期は、5~7月です

インパチェンスは耐寒性が弱く、
日本では1年草として扱われていることから、
基本的に植え替えはしません。

植え替えを避けるために、最初に苗を植える段階で、
少し大きめの鉢を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るほど、
たっぷりと水やりします。

ただし、
インパチェンスの花に水がかかってしまうと、
花が散ってしまいますので、
水やりの際には注意が必要です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

インパチェンスを育てるときは、
肥料は1カ月に1回または2回ほど、
1000倍液肥を与えます。

チッ素肥料が多いと、
花つきが悪いうえ病気になりやすいので注意しましょう。

 

 

 

 

増やし方について

インパチェンスの増やし方は、
挿し木が一般的です。

適した時期は、
5月から7月頃です。

葉っぱが5枚くらい付いた状態で枝の先の方を摘み取り、
下葉を1枚落としたら挿し木用の土に挿します。

たっぷりと水やりをして日陰で管理すると、
1週間から2週間ほどで発根します。

根っこが出たら鉢上げしましょう。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシやハダニが付きやすいです。
ハダニは葉の裏に付くので、よく観察するようにしましょう。

発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

また、多湿になると灰色かび病がよく発生します。

発生したらダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す