アサリナの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アサリナはつる性の多年草です。
葉柄と花柄が巻きひげのように、
支柱などに巻きつきながら、
2~5mぐらいまでよく伸びていきます。

キンギョソウに似た花を咲かせます。

トレリスなどにからませると、
つるがどんどん伸びて、涼しい壁を作ってくれます。

そこで今回は、
アサリナの育て方について紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

アサリナの花言葉について

アサリナの花言葉は、
「飾らぬ美」「信じる心」です。

どんどんつるを伸ばして旺盛に茂った葉のあちこちに、
彩りを与えるように咲く花や、
ハートの形をした葉に与えられたのでしょう。

アサリナ

 

 

 

 

アサリナの育て方について

土づくりについて

アサリナは、
水はけが良い土を好みます。

市販の草花用培養土を用いるか、
自分で配合する場合は、
赤玉土6、腐葉土4の割合で混ぜます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

苗の植え付けは5月~6月いっぱいまでが適期です。

アサリナは、日によく当てて育てます。
しかし、一日中日の当たる場所よりも、
半日ほど日が当たる半日陰の場所を好みます。

また、真夏の直射日光は強すぎるので、
できれば避けましょう。

 

 

 

 

水の与え方について

土の表面がしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

元肥として、植え付け時に緩効性化成肥料を
用土に混ぜておきます。

追肥は、鉢植え、庭植えともに、
リン酸分の多い緩効性肥料を与えましょう。

マグアンプがお勧めです。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

アサリナは、種まきや挿し木で増やすことが出来ます。

放っておいてもでも結実し、
小さなコンペイトウのような種がとれます。

発芽適温は20~25℃とやや高温性です。
ごく薄く覆土をします。

覆土は、種まきの土を使用すると、
発芽率がグンと上がります。

種まきの土

 

 

挿し木は、つるを扱いやすい長さに切って、
用土に挿しておけば根が出てきます。

 

 

 

 

病害虫対策について

オンシツコナジラミが発生することがあります。

見かけたら、
ベニカXファインスプレーで対策しましょう。

ベニカXファインスプレー

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す