アキレアの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アキレアは、夏に咲く花で、
葉がノコギリのような形をしているので、
ノコギリソウとも呼ばれる耐寒性のある宿根草です。

切花やドライフラワーでも人気があります。

5㎜程度の小さな花が固まって咲き、
鮮やかな色の面をつくってくれます。

そこで今回は、
アキレアの育て方について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

アキレアの花言葉について

アキレアの花言葉は、
「戦い」「勇敢」です。

ギリシャ神話の英雄アキレス(アキレウス)の槍(の錆)から生まれました。

ギリシャの英雄アキレスが、
トロイ戦争で負傷した兵士達の
止血や治療に葉を用いたという伝説にちなんで名づけられました。

アキレア

 

 

 

アキレアの育て方について

土づくりについて

アキレアの最大の魅力は、
とにかく丈夫ということです。

寒さにも暑さにも乾燥にも強く、
痩せた土地でも日当たりさえよければ、
スクスク育って花を咲かせます。

ですので、用土は水はけのよいものであれば、
用土はそれほど選びません。

赤玉土7、腐葉土3の配合土など、
一般の草花向け培養土が利用できます。

 

小型のアキレア(高山種と書かれたもの)は、
高山植物ですので、
軽石や鹿沼土が配合された、山野草の土を使用したほうが、
よく育ちます。

山野草の土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植え付けの時期について

ポット苗ですと、時期にかまわずに、
ほぼどの時期でも植え付けできます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

アキレアは乾燥気味に育てます。

鉢植えの場合は、
表面の土が完全に乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

庭植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。

 

 

 

 

肥料の与え方について

庭植えの場合、
肥料は控えめで大丈夫です。

鉢植えの場合は、
春と秋に化成肥料(マグアンプ)を施します。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

植え替えの仕方について

植え替えは、1~2年に1度くらいになります。

花の付き具合を見て、
葉とのバランスがどう見ても花が少ないと感じるようになったら、
一回り大きな鉢に植え替えましょう。

 

 

 

 

増やし方について

株分け、種まき、さし芽で増やすことが出来ます。

お薦めは株分けで、
同じ花の個体をふやすには、株分けが確実です。

 

種まきの時期は、
4月から5月、9月下旬から10月です。

 

さし芽の時期は、
5月から6月です。

 

 

 

 

病害虫対策について

高温多湿の環境だと、
うどんこ病や灰色かび病などが発生します。

発生してしまった場合は、
ベニカX ファインスプレを散布しましょう。

 

また、アブラムシが発生する場合があります。
この場合も、ベニカX ファインスプレで対応できます。

ベニカX ファインスプレ

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す