アシダンテラの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アシダンテラは、
グラジオラスに似た花をつけます。
細い剣状の葉と白い花びらは、
清楚な雰囲気を醸します。

花の中央部分はチョコレートのような茶色をしているのが特徴で、
花径が10cmほどある大きな花です。

花びらは6枚あり、
百合のような雰囲気もある花で、
清楚な雰囲気を醸し出しています。

そこで今回は、
アシダンテラの育て方について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

アシダンテラの花言葉について

アシダンテラの幅言葉は、
「豊かな気品」「純粋な愛」です。

花の香りは優しく、
品のある清潔な白い花姿からきています。

 

 

 

 

アシダンテラの育て方について

用土について

アシダンテラは、
水はけの良い土を選びます。

腐葉土をたっぷり入れて作ります。

 

もしくは、球根培養土が最も適しています。

球根の土

 

球根は日当り、
水はけの良い場所に8cm程の深さに植え付けます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料は球根を植え付けるときに、
あらかじめ土にゆっくり効くタイプの粒状のもの
を混ぜ込んでおきます。

肥料はマグアンプがお勧めです。

マグアンプ

 

 

 

 

水やりの仕方について

アシダンテラは、
生育中はたっぷりと水を与えることが大切です。

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与えましょう。

 

花の咲き終わった後は、
徐々に水やりの回数を減らして乾かし気味にし、
茎葉が枯れたら水やりをストップします。

庭植えは極端に乾燥する場合を除いて、
特に水を与える必要はありません。

 

 

スポンサードリンク




 

 

冬越しの方法について

寒さに弱いので、
秋には掘り上げ、乾燥させてから、
ピートモスなどに埋めて5℃以上で保存します。

掘り上げた球根には、
子供がついています。

これを分けることで増やしていくことができます。

 

 

 

 

病害虫対策について

ナメクジが葉を食害します。

発生時期には、
ナメクジカダン誘引殺虫粒剤などを使用して、
対策しましょう。

広い庭にも簡単にバラまける粒タイプです。
ナメクジやカタツムリに対して、
誘引・駆除効果があります。

ナメクジカダン誘引殺虫粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す