コモンセージの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

コモンセージは、
ヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブです。

古代ギリシア・ローマの時代から、
免疫力を助ける薬草や香辛料として活用されてきました。
長寿のハーブの呼び名もあります。

料理のスパイスや臭み消し、
ハーブティーなどに利用されています。

コモンセージは初夏に咲く花も美しく、
鑑賞用としても利用されています。

そこで今回は、
コモンセージの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

コモンセージの花言葉について

コモンセージの花言葉は、
「知識」、「尊敬」です。

 

ハーブとしても人気があり、
葉を乾燥してハーブティーとして飲用したり、
肉の臭み消しなど、食用・香料などに利用されます。

庭に数株植えておくと、とても重宝します。

コモンセージ

 

 

 

 

コモンセージの育て方について

土作りの仕方について

コモンセージは多湿を嫌います。
水はけの良い土が適します。

市販の土を使用する場合は、
ハーブの土を使用します。

 

ハーブの土

 

また、庭土を利用する場合は、
コモンセージは酸性の土壌が苦手なので、
地植えの場合は苦土石灰をまくなどして、
土壌の調整をしましょう。

 

苦土石灰

 

 

PHは6.0~6.5が適しています。
土壌酸度計で測っておくと確実です。

 

土壌酸度計

 

 

スポンサードリンク




 

 

植え付け方について

植え付けの時期は、
真夏・梅雨は避け、春か秋に植え付けを行います。

 

 

 

水やりの仕方について

加湿に注意します。

土の表面がしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

植えとけの時に、韓効性肥料(マグアンプ)を混ぜておきます。

マグアンプ

 

その後はあまり多くの肥料を必要としません。
春と秋に1度ずつ与える程度で大丈夫です。

 

また、食用として利用する場合は、
有機肥料を使いましょう。
その方が味や香りが良くなります。

有機肥料

 

 

スポンサードリンク




 

 

利用の仕方について

清涼感のある香りと淡いほろ苦さが特徴で、
肉料理などの臭み消しに役立ちます。

風邪をひいた時や元気のない時に、
お茶にして飲むと良いでしょう。

うがい液やハーブバスにも利用できます。

ただし、妊娠中の大量の服用は避けましょう。

ドライにしたりビネガーやオイルに漬け込んで、
保存することができます。

 

 

 

増やし方について

挿し木や春の播種で増やすことができます。
時期は春から初夏と秋が向いています。

水あげしてから鹿沼土に挿し木しましょう。

 

鹿沼土

 

 

また、挿し木に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、
鹿沼土に挿します。

 

メネデール

 

 

種まきの場合は、
春は3~4月、秋は9~10月が適期です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

害虫は発生しにくいのですが、
風通しが悪く過湿気味だと、ハダニが発生することがあります。

ハダニは、水で洗い流せるので、
霧吹きで葉水すると有効です。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す