アスクレピアスの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アスクレピアスは、
鮮やかなオレンジや黄色の花を咲かせる野生的な花です。

花期になると、茎の上部の葉の付け根から花序を出し、
羽根突きの羽のようなユニークな形をした花を咲かせます。

花は径1㎝程度の小さなもので、
一つの花序には10~25個の花が付きます。

本来は多年草ですが耐寒性は低く、
日本では一年草として扱うのが一般的です。

そこで今回は、
アスクレピアスの育て方について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

アスクレピアスの花言葉について

アスクレピアスの花言葉は、
「健康な体」「心変わり」です。

人間を治療するだけでなく、
死者を蘇らせることもできたという、
ギリシャ神話からきています。

また、根や草に毒があるけれど、
止血や殺虫効果もあり、
民間薬として用いられたことに関連するそうです。

アスクレピアス

 

 

 

 

アスクレピアスの育て方について

土づくりについて

アスクレピアスは、
水はけの良い有機質に富んだ土を好みます。

赤玉土中粒5、腐葉土3、酸度調整済みピートモス2の配合土に、
マグアンプを適量混ぜてから植えつけます。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつける時期は、
4~6月になります。

霜に当たらないように注意してください。

屋外の日当たりの良い場所から、
半日陰で育てましょう。

 

 

 

 

肥料の与え方について

庭植えの場合は、
特に肥料は必要としません。

鉢植えの場合は、
成長期の4~9月に、マグアンプを与えましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

庭植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。

 

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

ただ、やりすぎると枯れるので、
やや乾燥気味に育てましょう。

 

 

 

増やし方について

種まきと挿し木で増やすことが出来ます。

 

種まきの場合は、
適期は4月から5月です。
発芽適温は20~25℃なので、早まきせず、
暖かくなるのを待ってまきましょう。
タネが隠れる程度に覆土します。

 

挿し木の場合は、
4月から6月、茎を切って差し、
増やすことができます。

 

 

 

 

病害虫対策について

ハダニやアブラムシが発生しやすいです。

発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

 

ベニカXファインスプレー

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す