アトラスシーダの育て方について

アトラスシーダは、
北アフリカのアトラス山脈を原産地とする、
ヒマラヤスギの仲間です。

明治中期に渡来したものが、
一部の公園や植物園に見られます。

花は8月頃に咲き、雄雌があります。

そこで今回は、
アトラスシーダの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

アトラスシーダの花言葉について

花言葉は、
『強さ、あなたのために生きる』です。

放任すれば高さ50mにもなります。
雄大な円錐形で、その姿はいかにも神々しいです。

アトラスシーダ

 

 

 

 

アトラスシーダの育て方について

土づくりについて

アトラスシーダは、
水はけの良い土を好みます。

赤玉土に腐葉土を混ぜたものを使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつける時期は、2~4月です。
屋外の日当たりの良い場所に植えましょう。

注意点は大きく育つことです。
ですので、植えつける場所をよく考えて植えつけます。

 

 

 

 

水やりについて

植えつけてから、2年間は、
土の方面が乾いたら、しっかりと水を与えます。

2年以降は、
特に水やりの必要はありません。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料は2月頃に寒肥を与えます。

その他には、
肥料は必要ありません。

寒肥

 

 

 

 

病害虫について

松によく発生する毛虫の周類のマツカレハが発生します。

マツカレハにはトレボン乳剤がよく効くので、
見つけたら散布しましょう。

トレボン乳剤

 

 

また、ハマキムシも発生します。
スミチオン乳剤を散布して対策しましょう。

スミチオン乳剤

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す