アルメリアの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アルメリアは海岸の沼沢地や岩地に自生する植物で、
細く伸びた花茎にまるく花がつく様子は、
名前のとおり可憐に揺れるかんざしのようです。

アルメリアの花色は赤、白、ピンクなど様々な花色があり、
切り花用の高性種もあります。

そこで今回は、
アルメリアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

アルメリアの花言葉について

アルメリアの花言葉は、
「思いやり」「心遣い」「歓待」です。
小さな花が集まって丸い姿を作り出すことから、
つけられたと言われています。

アルメリア

 

 

 

 

アルメリアの育て方について

土づくりについて

アルメリアは、海岸の砂地に自生するだけあって、
水はけのよい土を好みます。

ピートモスの多いものは根腐れしやすいので、
一般の草花用培養土の場合は、
軽石や鹿沼土などを2~3割混ぜて使います。

または、山野草用培養土もお勧めです。

山野草用培養土

 

また、日陰では育ちませんので、
屋外の日当たりの良い場所で育てます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

庭植えの場合は、
植えつけ直後は乾燥させないよう水やりをしますが、
根づいてからは、ほとんど必要ありません。

また、鉢植えの場合は、
春の成長期から開花中は乾かさないように、
用土が乾き始めたら、たっぷりと与えます。

開花後は過湿にならないよう、
用土が乾いてから与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

春と秋の2回与えます。
腐りやすい夏に置き肥を残さないよう注意します。

春は液肥、秋は遅効性の肥料がおすすめです。

 

 

 

 

増やし方について

アルメリアは、株分けにより増やします。

株元は1本ですが、
掘り上げたら縦に切り裂くように株を分けます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

冬越しの仕方について

アルメリアは寒さに強くて、
-10 ℃まで耐えれます。

特に、冬越しを心配することはありません。

 

 

 

 

病害虫対策について

害虫は殆ど付きませんが、
高温多湿になると、灰色かび病が発生する場合があります。

発見したら、ダコニールを散布しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す