オレガノの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

オレガノは、
イタリアのトマト料理によく用いられるハーブです。

花としても美しく、
直立した茎の先端に、
赤紫色の苞に包まれた淡紅色の小花が球状に集まり、次々に咲きます。

ローマ時代の美食家アピシウスが、
「おいしいソースには欠かせないスパイス」と言って、
その香りを愛したといわれています。

そこで今回は、
オレガノの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

オレガノの花言葉について

オレガノの花言葉は、
「輝き」「財産」「あなたの苦痛を除きます」「自然の恵み」「富」です。

ハーブの効果効能が由来するもの、
また料理に用いられることが由来しています。

オレガノは縁起の良い花言葉が多く、
実用的でもある植物です。
比較的育てやすいことから、初心者にもお勧めのハーブになります。悪
料理好きの方に送っても喜ばれますよ。

オレガノ

 

 

 

 

オレガノの育て方について

土づくりの仕方について

オレガノは多湿を嫌います。
水はけのよい土で育てるのがポイントです。

ハーブ専用培土がお勧めです。

ハーブの土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

オレガノは、日当り、水はけの良い場所を好みます。

株の香りがもっとも強いのは開花期で、
乾燥した暖かい所で育ったものほど香りが増します。

耐寒性はありますが、
寒い地域では冬は腐葉土などで覆ってやりましょう。

 

 

 

水やりの仕方について

オレガノは、乾燥気味に育てます。

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。
鉢受けに水がたまらないように注意しましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料はあまり必要としませんが、
花の収穫後の9月に追肥すると、
秋に葉の収穫量がふえます。

肥料は、緩効性肥料を与えます。

緩効性肥料

 

 

 

増やし方について

種撒き・株分け・挿し木で増やすことが出来ます。

播種は春または秋に行いますが、
覆土は薄くし、乾かさないように注意しましょう。
発芽適温は20℃前後です。

 

株分けや挿し木の場合は、
1~2年ごとに整理を兼ねて株分けすると良いでしょう。

 

 

 

 

利用方法について

葉と花のハーブティーは強壮、
消化促進作用があります。
ただし妊娠中の利用は避けましょう。

リースやポプリにしても楽しめます。
葉やつぼみからは染料が採れます。

 

オレガノの香りは、乾燥させることで強くなります。
収穫したものを保存しておくと、
煮込み料理や肉の臭い消しにも利用できます。

 

 

 

 

病害虫対策について

病害虫に強く、特に発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す