クルクマの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

クルクマの別名は、ウコンです。

食用・薬用として利用される種類が多くあるほか、
花を観賞する目的で栽培される種類もいくつかあります。

暑さに大変強く、
背が高くなる種類は、花壇に植えても、
夏の暑さに負けずに元気に花を咲かせます。

そこで今回は、
クルクマの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

クルクマの花言葉について

クルクマの花言葉は、
「あなたの姿に酔いしれる」です。

ハスにも似た幻想的な花を咲かすところから、
名づけられました。

 

クルクマ

 

 

 

クルクマの育て方について

土づくりの仕方について

有機質を多く含んだ、
ふわふわしたの土を好みます。

赤玉土7に対して、腐葉土3の配合用土や、
それに、完熟堆肥やピートモスを混ぜた土を使用します。

 

 

 

植えつけ方について

植え付けは、5月中旬頃からです。
高温を好むので、十分暖かくなってからの方が無難です。

発芽に一カ月くらいかかりますが、
トンネル栽培で温めてあげると、
発芽が早くなります。

また、日光が不足すると株が大きくならないので、
必ずよく日の当たる場所に植えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

感想を嫌うので夏の高温時は、
1日に2回(朝と夕方)水やりをします。

 

 

 

肥料の与え方について

クルクマは肥料をたくさん必要とします。

ですので、1株につき小さじ1杯程度の
緩効性化成肥料を与えます。

 

緩効性肥料

 

 

7月下旬~10月上旬の生育旺盛期は月に2~3回、
液肥を水やり代わりに与えます。

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

株分けで増やすことが出来ます。

根が伸びた先のイモ状にふくらんだ部分に養分を蓄えるので、
分ける際はイモ状の部分をとらないように注意します。

上手に育てていると、
1個の株から3〜4個ほどの子球根まで増えます。

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

 

アブラムシが発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す