ゴデチアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ゴデチアは、春から初夏に移り変わる頃、
花びらは薄く、ヒラヒラした光沢のある花を咲かせます。

愛らしい花を咲かせることから、
世界で広く観賞用として栽培されています。

日本へは江戸時代末期から明治初期にかけて渡来しており、
秋まき一年草として流通しています。

そこで今回は、
ゴデチアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ゴデチアの花言葉について

ゴデチアの花言葉は、
「変わらぬ愛」「お慕いいたします」です。

 

春から夏に季節が移り変わっても、
美しい花を咲かせていることから由来しています。

 

ゴデチア

 

 

 

 

ゴデチアの育て方について

土づくりの仕方について

水はけと通気性のよい土が適しています。
市販の草花用培養土を利用できます。

 

草花培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土小粒6、腐葉土3、軽石小粒1の割合で、
混ぜたものを使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

花は雨が当たると傷みやすいので、
雨の直接当たらない軒下などで育てます。

日当りと水はけの良い場所を好みます。

 

植え付け時期は、10月中旬です。
株館は20~30cmで、
根を傷めないように植えつけます。

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

肥料はあまり必要としません。

植え付けの時に、
緩効性肥料(マグアンプ)を混ぜ込んでおきます。

 

マグアンプ

 

追肥の必要はほとんどありませんが、
鉢植えの場合は、苗の生育を見ながら、
3月頃に液体肥料を与えます。

 

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

9~10月に種まきをしてふやします。

ゴデチアは移植を嫌うため、
種はポットに蒔くか、花壇や鉢に直まきをします。
発芽温度は20℃程度で、
覆土は種が隠れる程度にごく薄くです。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

 

発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す