サンパチェンスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

サンパチェンスは、インパチェンス属の種間雑種として、
サカタのタネが開発しました。

真夏の暑さにも耐え、
初夏から秋まで次々と休まずに、
鮮やかな花を咲かせてくれます。

成長が早く丈夫ですので、
初心者にもお勧めです。

そこで今回は、
サンパチェンスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

サンパチェンスの花言葉について

サンパチェンスの花言葉は、
「太陽のように輝く笑顔」です。

2016年に、約7000件の応募の中から決まりました。

 

 

 

 

サンパチェンスの育て方について

土づくりの仕方について

サンパチェンスは、水はけが良い土を好みます。

市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

自分で配合する場合は、
腐葉土や完熟たい肥を混ぜ込んで、
水はけの良い環境を作ります。

腐葉土

 

 

 

 

植えつけ方について

サンパチェンスは、屋外の日当たりの良い場所で育てます。

暑さに強いですが寒さには弱いので、
日当たりの悪い場所に置くと花が咲きにくくなります。

特に10度を下回るとダメージが大きくなりますので、
根が生育できる温度を保つよう注意が必要です。

 

株間は60cm程度で植えつけます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面がしっかりと乾いたら、
しっかりと水やりを行います。

逆に、過湿に弱いので、
常に水を与えることをしないようにしましょう。

 

 

 

肥料の与え方について

サンパチェンスは生育が旺盛です。
ですので、たくさんの肥料を必要とします。
春~秋の間は、肥料を切らさないようにします。

1ヶ月に1回、株元にゆっくりと効く緩効性化成肥料を置くか、
7~10日に1回液体肥料を水やり代わりに与えます。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

サンパチェンスは挿し木で増やすことが出来ます。
ただし、PVP品種登録をされている植物です。

つまり、法人だけではなく、
個人でも増やすことが禁止されています。

ですので、苗を買うようにしましょう。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生します。

 

アブラムシが発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す