ソープワートの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ソープワートは、その名の通りで石鹸の材料です。
葉に含まれるサポニンのため汁液が泡立ちます。

直立した赤緑色の茎の先に、
芳香のある淡桃色の花を集まって咲かせます。
根が良く広がり繁殖します。

南ヨーロッパに多く自生している
比較的大型の宿根草で花も美しく、
特に八重咲きの品種は房咲きのバラのようです。

そこで今回は、
ソープワートの育て方について、
紹介します。

 

「ソープワートの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

セントーレア(矢車菊)の育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

セントーレアは、別名 矢車菊とも言います。

花びらの形は矢車に似ていて放射状に広がっています。
花色は白、青、ピンク、紫などがあります。

セントーレアの丈は1m位まで生長する高性から矮性種まで様々です。

お庭に植え付けをすれば、
季節になるととても美しい彩りを見せてくれます。

そこで今回は、
セントーレア(矢車菊)の育て方について、
紹介します。

 

「セントーレア(矢車菊)の育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

セントランサスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

セントランサスは、
地中海沿岸地域に分布する多年草で、
美しい花を咲かせることから世界の広い地域で栽培されています。
鮮やかな赤い管状の小花がたくさん集まって咲き、
芳香を持ちます。

岩場や海岸の小岩に自生する花なので強健で育てやすく、
開花期も長いため重宝します。

そこで今回は、
セントランサスの育て方について、
紹介します。

 

「セントランサスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

セントポーリアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

セントポーリアは熱帯アフリカの高山地帯に自生する、
多肉質の小型の多年草です。

すみれのような花を咲せ、
別名はアフリカスミレといいます。

室内花の中で、
最もデリケートな花として人気があります。

そこで今回は、
セントポーリアの育て方について、
紹介します。

 

「セントポーリアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

セロシアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

セロシアはケイトウの仲間です。

ケイトウと同じく、花穂が細長く、
まるでキャンドルの炎のような見た目をしていますが、
花が小さく、より野生的でかわいらしい雰囲気があります。

槍のようにとがったピンク色の花を、
秋までたくさん咲かせます。

そこで今回は、
セロシアの育て方について、
紹介します。

 

「セロシアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ゼフィランサスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ゼフィランサスは、白い花を咲かせるタイプと、
ピンク色の花を咲かせるタイプがあります。

1つの花は1~3日と短いのですが、
次々と新しい花が咲いてくるので長く楽しむことができます。

分球してよく増えるので、
群植させるとさらに見ごたえがあります。

そこで今回は、
ゼフィランサスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

ゼフィランサスの花言葉について

ゼフィランサスの花言葉は、
「汚れなき愛」「純白の愛」「期待」「便りがある」です。

白い花をつける品種の清らかなイメージから、
つけられています。

ゼフィランサス

 

 

 

 

ゼフィランサスの育て方について

土づくりの仕方について

市販の土を使用する場合は、
球根の土を使用します。

球根の土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土(小粒)7:腐葉土3ほどの割合で混ぜたものを使用します。

 

庭の土を使用する場合は、
庭の掘り起こした土に腐葉土を混ぜたものを使用します。

腐葉土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、3~4月です。

日当り、水はけの良い肥沃な場所を好みます。

 

株同士の間隔を5cmほどとり、
浅植えにします。

 

 

 

 

水やりの仕方について

ゼフィランサスは、乾燥を嫌います。

土の表面が乾いたら、
水を与えます。

 

地植えでも、乾燥する日が続くなら、
水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

元肥として、
緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。
マグアンプ中粒が適しています。

マグアンプ

 

さらに追肥として、
秋頃に1度、緩効性化成肥料を施します。

 

 

 

 

増やし方について

数年植え放しにした方が花つきがよくなり、
自然分球でどんどんふえます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

ゼフィランサスは、病害虫に強いですが、
たまにアブラムシが発生します。

 

アブラムシが発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

セツブンソウの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

セツブンソウは、
節分のころに花が咲くので、
この名前があります。

草丈10㎝ほどの球根植物で、
2月~3月頃に藤色がかった白色の小さな花を咲かせます。

セツブンソウは、
「春を告げる花」「春のプリンセス」とも呼ばれます。

そこで今回は、
セツブンソウの育て方について、
紹介します。

 

「セツブンソウの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

セダムの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

セダムは、肉植物の仲間で、
暑さ、寒さ、乾燥に強く栽培は容易です。

セダムはそのたくましい強さを生かして、
グランドカバーや屋上緑化によく使われる一方、
繊細な葉の形や美しい色を生かして寄せ植えやリースを作り、
育てて楽しむこともできます。

そこで今回は、
セダムの育て方について、
紹介します。

 

「セダムの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…