セントーレア(矢車菊)の育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

セントーレアは、別名 矢車菊とも言います。

花びらの形は矢車に似ていて放射状に広がっています。
花色は白、青、ピンク、紫などがあります。

セントーレアの丈は1m位まで生長する高性から矮性種まで様々です。

お庭に植え付けをすれば、
季節になるととても美しい彩りを見せてくれます。

そこで今回は、
セントーレア(矢車菊)の育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

セントーレア(矢車菊)の花言葉について

セントーレア(矢車菊)の花言葉は、
「繊細」「優美」「優雅」「信頼」「上品」「清楚」です。

 

ギリシャ神話に出てくるケンタウロスから来ています。
セントーレアはケンタウレアとも呼ばれていたそうですよ。

セントーレア

 

 

 

 

セントーレア(矢車菊)の育て方について

土づくりの仕方について

セントーレア(矢車菊)は、水はけの良い土が適しています。

市販の草花培養土が適しています。

草花用培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉、腐葉土、川砂なやパーライトなどを混ぜた用土を使います。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、9月下旬から10月頃です。

この時期までに植え付けると、
耐寒性が強いものになります。

 

 

 

 

水やりの仕方について

セントーレア(矢車菊)は、多湿にならないように注意します。

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
根付いたら特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

セントーレア(矢車菊)は、
やせ地でも十分に育つ植物です。
そのため、肥料をあまり必要としません。

 

元肥として緩効性の化成肥料を施しておきます。

マグアンプ

 

 

追肥としては、
春頃に液体肥料を施します。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

種撒きで増やすことができます。

種まきの時期は、9月~10月です。

セントーレア(矢車菊)は、
環境に合うとこぼれ種でも発芽するほど性質は強健です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生します。

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

 

また、立枯病が発生することがあります。
連作を避けることにより、被害を避けることが出来ます。

 

薬剤を使用する場合は、
ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す