エンジェルストランペットの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

エンジェルストランペットは、
春から秋にかけて、数多くの花を咲かせます。
花は下向きに垂れ下がり、
天使のラッパと呼ばれる愛らしい花をを咲かせます。

また、この植物には毒があり、
口に入れたりしないようにしましょう。

エンジェルストランペットは、
低温に強く、丈夫で育てやすい植物です。

夕方になると、甘く強く香るのも魅力です。

そこで今回は、エンジェルストランペットの育て方について
キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

「エンジェルストランペットの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ベニカナメ(レッドロビン)の育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

ベニカナメは、
赤い新芽が特徴の植木です。

主に、庭の垣根として使用されます。

ベニカナメの赤い葉は、新芽で
きちんと剪定して、やっときれいな赤い葉を見ることができます。

ベニカナメの生け垣は、
燃えるように真っ赤で、はっとするほどきれいですね。

そこで今回は、
ベニカナメの育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・
病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

「ベニカナメ(レッドロビン)の育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

柊(ヒイラギ)の育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

柊(ヒイラギ)は、葉っぱに特徴があり、
トゲトゲした葉っぱが特徴の常緑低木です。

柊は植木の中でも害虫に強く、
魔除けやクリスマスに利用されています。

柊は大変丈夫で、成長が遅いので
あまり手間もかかりません

また、柊には色々な伝説もあります。

そこで今回は、
柊(ヒイラギ)の育て方について
肥料の与え方・剪定方法・増やし方・
病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

「柊(ヒイラギ)の育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ラカンマキの育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

ラカンマキは、庭木の垣根に適しています。

葉の幅が狭く短くて密生し、
葉は濃く、暗い緑色、上向きになり葉裏はやや白っぽいです。

葉の長さは4~8cmで、
長さ・幅ともにイヌマキの半分ほどです。

庭木のほか、刈り込みにも耐えるので生け垣にも大変向いています。
枝を散らしての仕立物にも楽しいです。

成長は遅く、コンパクトな生垣にお勧め。
防潮、防風のための生垣として植えられることも多いです。

そこで今回は、
ラカンマキの育て方について
肥料の与え方・剪定方法・増やし方・
病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します。

「ラカンマキの育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

金芽ツゲの育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

金芽ツゲは、
庭の生垣としてよく利用されています。

金芽ツゲの葉は、光沢があり
キラキラ光り輝いています。

日あたりと、肥沃な土を好みますが、
日陰でも、痩せた土地でも育つことから、
丈夫で育てやすい植物になります。

そこで今回は、
金芽ツゲの育て方について
肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、
キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

「金芽ツゲの育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

モミジの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

モミジは、秋になると紅葉してきれいですよね。

実は、モミジには
秋に紅葉する種類と、夏に紅葉する種類があります。

初夏の紅葉が特徴なのは、
桂(かつら)と出猩々(でしょうじょう)です。
桂は、新しい種類ですので、
庭木にしているのは少ないと思います。

夏の紅葉も大変綺麗ですよ。

そこで今回は、
モミジの育て方について
肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、
元気に育てるコツを紹介します。

「モミジの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

カエデの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

カエデは、山の奥の木漏れ日がそそぐような、
谷あいの川の近くに自生する植物です。

ですので、やや湿り気のある土を好み、
日向から明るい半日陰の場所に植えるのがおすすめです。

洋風、和風いずれの庭にも容易にマッチするので、
庭木として人気があります。

そこで今回は、
カエデの育て方について
肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、
元気に育てるコツを紹介します。

「カエデの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ハイビスカスの育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ハイビスカスと聞くと、
真夏を思い浮かべますよね。

ハイビスカスの花は、鮮やかな色が印象的で、
暑さに強く、南国でも元気に花を咲かせます。

そこで今回は、
ハイビスカスの育て方について
キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

「ハイビスカスの育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

サクラの育て方について 肥料の与え方・剪定の仕方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

桜は日本を代表する花木です。
入学や卒業の時期に咲き、
花見でも有名です。

最近では、庭に桜を植えられる方も植えてきてます。
桜は日本の気候に合い、
育てやすい花木です。

そこで今回は、
桜(サクラ)の育て方について
キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

「サクラの育て方について 肥料の与え方・剪定の仕方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ミニバラの育て方について 肥料の与え方・剪定の仕方・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ミニバラは、室内でも育てられるバラです。

ミニバラは、もともと北半球に位置する亜熱帯のバラをもとに
品種改良して作られた、茎の短いバラです。

バラに比べて全体的に小ぶりで、
花つきがよく、
一季咲から四季咲きまでさまざまな品種が作られてきました。

そこで今回は、
ミニバラの育て方について
キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

「ミニバラの育て方について 肥料の与え方・剪定の仕方・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…