コモンスピードウェルの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

コモンスピードウェルは、
10~20cmの花穂をつけます。
葉は細長いです。

茎はあまり上には立たず横に広がります。

地中根で繁殖していく品種です。
グランドカバーにも利用されます。
葉をお茶にして利用できます。

そこで今回は、
コモンスピードウェルの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

コモンスピードウェルの花言葉について

スピードウェルとは、
摘み取ると花がすぐに落ちてしまうことにちなんでいます。

アイルランドでは、旅に出る時のお守りとして伝えられてきました。

 

立ち上がりが少なく、
開花時だけ花茎が立ち上がります。
初夏にライラックブルー花をさかせます。

 

花言葉は、「忠実」「名誉」です。

 

コモンスピードウェル

 

 

 

 

コモンスピードウェルの育て方について

土作りの仕方について

一般の草花培養土が利用できます。

腐植質に富んだ弱酸性土を好むので、
苦土石灰を少量混ぜておくとよいです。

 

苦土石灰

 

自分で配合する場合は、
赤玉土7、腐葉土3の配合土を使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植え付け方について

植え付けの時期は、5月~7月です。

堆肥や腐葉土を混ぜて耕してから、
根鉢をくずして植えつけます。

日当りから半日陰で水はけ良く乾燥ぎみに管理します。

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面がしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

庭植えの場合は、
根付いてからは、特に水やりの必要はありません。
自然の雨だけで大丈夫です。

 

 

 

肥料の与え方について

庭植え、鉢植えともに、
株のまわりに緩効性肥料(マグアンプ)を置き肥として施します。

ただし、芽が伸びてからの多肥は、
茎が倒れやすくなるので注意します。

 

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

利用の仕方について

乾燥させた葉は緑茶のような香りで、
ハーブティーとして利用できます。

 

踏み締めに強いため、グラウンドカバーとして使うとよい。

 

 

 

 

増やし方について

挿し木、株分けの他に、
春か秋の播種でもふやすことができます。

 

挿し木で増やす場合は、
6月ごろと9月から10月ごろに、花芽でない若い芽の頂芽ざし、
または1節ずつに切り分けた節ざしとします。

 

水あげしてから鹿沼土に挿し木しましょう。

 

鹿沼土

 

 

また、挿し木に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、
鹿沼土に挿します。

 

メネデール

 

 

株分けで増やす場合は、
植えつけ、植え替え時に行います。

 

種まきで増やす場合は、
4月から5月または9月下旬から10月にまいて、
本葉4~6枚でポットに仮り植えして育てます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシがつきやすいので、
発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

ウドンコ病やベト病にかかりやすいため、
こまめに株分けして風通しを良くしてやりましょう。

 

病気になった場合は、
ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す