エキナセアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

エキナセアは初夏から秋まで長く咲き続ける宿根草です。
しっかりした茎に大きな花をつける
丈夫で育てやすい植物です。

中心部は赤褐色で、
外側の桃紫色の花弁ははじめ水平ですがだんだんと反り返ります。
全体に細かい毛が生えています。

アメリカ先住民であるインディアンが、
感染症の治療や歯や喉の痛み、
傷の治癒のために使っていたという歴史のある、
欧米では人気のハーブです。

そこで今回は、
エキナセアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

エキナセアの花言葉について

エキナセアの花言葉は、
「優しさ」「深い愛」「あなたの痛みを癒します」です。

アメリカの先住民の間では、
ハーブティーとして用いられてきたこともあり、
エキナセアの花言葉には薬効に由来しています。

エキナセア

 

 

 

 

エキナセアの育て方について

土づくりについて

日当り、水はけの良い肥沃な軽い土を好み、
粘土質の土では良く育ちません。

 

エキナセアは多年草で、
冬の寒さで地上部は一旦枯れますが、
また来春芽を出します。

日当たり、風通しのよい場所で管理し、
土は水はけがよい土が適しています。

赤玉土4、鹿沼土3、腐葉土3の配合土などがお勧めです。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

庭植えでは、
根付いたら水やりはほとんど必要ありません。

鉢植えは、用土が乾いたらたっぷり与えましょう。

 

 

 

肥料の与え方について

肥料の与えすぎは株を弱らせることになり、
病気にかかりやすくなる原因にもなります。

5月から6月と10月ごろに月1~2回、
化成肥料の置き肥を行いましょう。

 

 

 

増やし方について

春から初夏にかけて株分けでふやします。

 

 

スポンサードリンク




 

 

活用方法について

根茎には免疫を高める作用があるといわれ、
研究されています。

風邪の初期症状に効果があり、
エキナセアエキス入りののど飴なども見かけられます。

また、煎じた液を薄めて皮膚の炎症や傷に用いることもあります。
ドライフラワーとしても楽しむことができます。

 

 

 

 

病害虫対策について

地際の茎にフキノメイガの幼虫が入ることがあります。

見つけ次第トレボンを散布しましょう。

 

トレボン乳剤

 

また、灰色かび病、白絹病などが出ることがあります。
発生したらダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す