エリゲロンの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

エリゲロンは、
直径2cmほどのピンクから白の小花が、
春から秋まで長く咲き続け、育てやすい宿根草です。

性質はとても丈夫で、
広がるように生長していくので、
グランドカバーや花壇の縁取りのような役割にも最適です。

そこで今回は、
エリゲロンの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

エリゲロンの花言葉について

エリゲロンの花言葉には、
「遠くから見守ります」です。

どなたかに花を贈られる際は、
花言葉を添えて贈ると喜ばれるかもしれません。

エリゲロン

 

 

 

 

エリゲロンの育て方について

土づくりの仕方について

エリゲロンは水はけのよい、やや乾燥した土を好みます。

自分で作る場合は、
赤玉土を7割、腐葉土を3割の割合で混ぜたものを使いましょう。

作りたくない方は市販のものでも構いません。
その場合は山野草用のものか、草花向けの培養土を使うのがおすすめです。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植え付けの時期は春か秋です。

なるべく日当たりの良い場所に植えましょう。

 

 

 

 

水やりの仕方について

エリゲロンは乾燥に強い草花です。
土の表面が乾いてきたら水を与えます。

水のやりすぎは根腐れのもとにもなりますので注意しましょう。

 

 

 

 

肥料の与え方について

鉢植えでは、春と秋に少量施します。

庭植えではほとんど必要ありません。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

株分けとタネまきでふやします。

こぼれダネが自然に芽生えてふえるほど丈夫です。
園芸品種などはポットなどにタネをまいて育てます。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

また、多湿や風通しが悪いと、
灰色かび病やうどんこ病などが発生することがあります。

発生したらダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す