イタリアンパセリの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

イタリアンパセリは、
ヨーロッパ地中海原産のセリ科のハーブです。

一般的に流通しているパセリと違って、
平べったい葉っぱがをしており、
スープやサラダに加えて食べると、
ほどよい苦味がくせになります。

そこで今回は、
イタリアンパセリの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

イタリアンパセリの花言葉について

イタリアンパセリは、
二年草になります。

種をまいて、翌年になってから花が咲きます。

イタリアンパセリの花言葉は、
『死の前兆』『不和』『勝利』『祝祭』『お祭り気分』『愉快な気持ち』です。

ギリシャで行われるオリンピックなどの祭りごとで、
パセリが利用されていたことから、
『勝利』『祝祭』『お祭り気分』『愉快な気持ち』という花言葉が付きました。

イタリアンパセリ

 

 

 

 

イタリアンパセリの育て方について

土づくりについて

イタリアンパセリは、
水はけがよく、養分の多い土を好みます。

鉢植えの場合は、
市販の野菜用やハーブ栽培用の土か、
赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

種まきの仕方について

種まきに適した時期は、
3~5月頃、9~10月頃になります。

すじまき・点まきいずれかの方法で種をまきます。
種をまいたら軽く覆土し、たっぷりと水をかけます。

 

 

 

水やりの仕方について

イタリアンパセリは、
湿気を好み水切れに弱い特徴があります。

土の表面が乾いてきたら、
たっぷりと与えましょう。

水切れは風味が落ちる原因になります。

 

 

 

肥料の与え方について

植え付けのときに緩行性の化成肥料を混ぜ込みます。

株が生長してきたら10~15日に1回くらいのペースで、
発酵油かすを与えるようにしましょう。

肥料不足になると、
葉が黄色っぽくなってきますので目安にしましょう。

発酵油かす

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

イタリアンパセリは、
種まきと挿し木で増やすことが出来ます。

挿し木の仕方は、
イタリアンパセリを切り取り、
切り取った部分をきれいな水の入った容器に挿しておくだけで、
増やすことができます。

 

 

 

 

病害虫対策について

イタリアンパセリは、
多湿の環境におくと、うどん粉病になる場合があります。

発生を確認したら、カリグリーンを散布しましょう。

 

炭酸水素カリウムを主成分としているので、
散布後、副次的にカリ肥料になります。

炭酸水素カリウムは、
ベーキングパウダー(炭酸水素ナトリウム)と
類似の炭酸水素塩の一種です。

カリグリーン

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す