イベリスの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

イベリスは、
たくさんの小花を咲かせるアブラナ科の草花です。
開花期は春です。

香りも花の姿も、
砂糖菓子のように甘く愛らしいのが魅力です。

品種によって一年草と多年草があるため、
お好きな方を選んで育てていきましょう。

そこで今回は、
イベリスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

イベリスの花言葉について

イベリスの花言葉は、
「心をひきつける」、「初恋の想い出」、「甘い誘惑」です。

初恋の思い出には、
花から甘い香りがするところからイメージされています。

イベリス

 

 

 

 

イベリスの育て方について

土づくりの仕方について

イベリスは温暖と乾燥している、
地中海地域のような気候を好む植物です。

ですので、水はけの良い土を好みます。

鉢植えの場合は、
小粒の赤玉土と腐葉土を6:4で混ぜたものがおすすめです。
より水はけを良くするために、
パーライトを少量混ぜてもかまいません。

市販の草花用土でも大丈夫ですが、
鹿沼土や軽石を混ぜておくと、より排水性が高まります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

イベリスの水やりは、
土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与えましょう。

また、イベリスは過湿に弱いため、
梅雨の時期は株が蒸れないように、
少し乾いた環境になるように水を与えてください。

 

 

 

 

肥料の与え方について

イベリスは、一年草と多年草があります。

多年草タイプは庭植え、鉢植えともに、
春と秋に少量の緩効性化成肥料を株元に置き肥します。

一年草タイプのイベリスは、
庭植え、鉢植えともに、
元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥の必要はありません。

緩効性肥料

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

一年草のイベリスは、種で増やすことができます。

結実したらタネをとって保管し、秋にまきます。

 

多年草のイベリスは、株分けか挿し芽で増やします。
開花後すぐに行うか、秋に涼しくなってから行います。

大株や古株になるほど夏に枯れやすくなり、
また草姿も乱れてくるので、
挿し芽などで株を更新しておくのが確実です。

 

 

 

 

病害虫対策について

多湿な環境で育てていると灰色かび病が発生することがあります。

発生したらダコニールで対処しましょう。

 

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す