ハモグリバエ(エカキムシ)の退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

ハモグリバエ(エカキムシ)は、本当に腹が立ちますよね。

エカキムシはハモグリバエと言い、
ナモグリバエ、マメハモグリバエ、
トマトハモグリバエなどの種類があります。

成虫が葉に卵を産み、
卵からふ化した幼虫は葉肉の中を食い進みます。

マメハモグリバエは、葉を食い破って地面に落ち、
浅い地面に潜って蛹になります。

ナモグリバエは、葉の中で蛹になります。
エカキムシの種類を見分けるのは困難です。

そこで今回は、
エカキムシの退治・駆除・予防の仕方について
農薬を使用しない方法や効果的な農薬・
おすすめの方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

ハモグリバエ(エカキムシ)の害について

葉を食害されます

ハモグリバエ(エカキムシ)が発生すると、
葉に幅1、2mmくらいの白い筋が残ります。

 

 

くねくねと、まるで葉に絵を描いたように食害跡を残すため、
エカキムシと呼ばれます。

早めに駆除をしないと、
次から次へと葉をを食べられてしまいます。
見た目は悪くなり、他にも葉の変形、落葉し、
植物の生育不良の原因になります。

 

 

 

ハモグリバエ(エカキムシ)退治の仕方について 農薬を使用しない場合

葉の上から、ハモグリバエ(エカキムシ)を潰しましょう

 

ハモグリバエ(エカキムシ)を見つけたら、
葉の上から指で潰してください。

これがあらゆる面で最善策です。
しかし、数が多かったり、
小さくて解らない場合は、
農薬を使用する選択肢もあります。

 

 

 

被害に遭った葉っぱを切るのは、NGです

エカキムシ対策で「葉っぱを切る」という対策を、
推奨している方もいますが、
この方法をする方は、家庭菜園についてはど素人です。

せっかく大きくなった葉っぱを、
わざわざ切れば実の生長に影響します。

それなら、ほおっておく方がマシです。

 

 

 

HB101を使用する

無農薬で野菜や植物を育てるのには、
HB101をお勧めします。

わたし自身も、謳い文句に半信半疑で使い始めましたが、
HB-101の1000倍液は、どんな野菜にも、
使用した場合としない場合では育ち方や害虫被害など、
雲泥の差が出ます。

是非、使ってみてください。

 

HB-101

 

 

 

ハモグリバエ(エカキムシ)退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫と殺菌効果があります)

ベニカXファインスプレー

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

 

 

 

 

ハモグリバエ(エカキムシ)退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫効果のみです)

オルトランDX粒剤(お勧めです)

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

 

ハモグリバエ(エカキムシ)は薬剤抵抗性が強い虫ですので、
発生した個体群によってはオルトランへの抵抗性をもっており、
効かない場合があります。

 

オルトランDX粒剤

 

 

 

ベストガード粒剤

アブラムシ類やアザミウマ(スリップス)、
コナジラミなどの吸汁性害虫に高い効果を発揮します。
長期間効果が持続します。
効果の持続期間が長いので、害虫の防除薬として適しています。
散粒容器入りで、手軽に使用できます。

 

 

 

 

 

ベニカJスプレー

直噴散布でケムシ、イラガなど
高い所や近寄りたくない害虫を遠くからねらい撃ちできます。
ケムシには速効性と1週間の持続性(チャドクガ、アメリカシロヒトリ・若令幼虫)
があり、散布後に発生した害虫も退治します。

浸透移行性により、
葉の中や散布液がかかりにくい場所に生息している害虫にも効果的です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

ベニカベジフルスプレー

幅広い害虫に優れた効果があり、だいこん、キャベツなどの野菜、うめ、かき、かんきつなどの果樹に使えます。
速効性と持続性(アブラムシで約1ヵ月)を実現。

分は葉裏まで浸透し、葉の中や葉裏の害虫まで退治します。

 

 

 

 

 

スミチオン乳剤

アブラムシ・スリップス・アメリカシロヒトリなど、
各種の害虫に効果のある家庭園芸の代表的な殺虫剤です。

 

 

 

 

 

ベニカS乳剤

ケムシ、アオムシなどチョウ目害虫に優れた効果があり、
庭木、果樹、野菜などに幅広く使えます。
速効性と持続性(チャドクガ・若令幼虫で1~2週間、散布葉)があり、
害虫を効果的に退治します。

 

 

 

 

ベニカR乳剤

アブラムシ、ハダニはもとより
花弁を傷つけシミの原因となるヒラズハナアザミウマまで、
ばらに発生する様々な害虫を速効退治します。
蕾を加害するバラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)には、
1~2週間の持続性があります。

 

 

 

 

オルトラン水和剤(お勧めです)

散布面積が広い場合や、背の高い庭木などに適しています。
効きめは浸透移行性で、効果の持続性があり、
広範囲の害虫防除におすすめです。
計量の手間がいらない便利な分包品です。

 

ハモグリバエ(エカキムシ)は薬剤抵抗性が強い虫ですので、
発生した個体群によってはオルトランへの抵抗性をもっており、
効かない場合があります。

 

オルトラン水和剤

 

 

 

マラソン乳剤

野菜から草花まで幅広く使える家庭園芸の代表的殺虫剤です。
広範囲の害虫にすぐれた効果があります。

 

 

 

 

 

ベニカ水溶剤(お勧めです)

野菜、果樹、花など幅広い植物に使用できます。
有効成分が葉や茎から吸収されて植物体内にゆきわたり、
殺虫効果が持続する(アブラムシで約1ヵ月)。
すぐれた浸透移行性殺虫剤です。

また有効成分が葉の表から裏に移行しますので、
葉裏に隠れている害虫にも有効です。

コナジラミ、カイガラムシ、カメムシ、ケムシ、アオムシ、カミキリムシ、コガネムシ等の害虫にも効果的です。

 

ベニカ水溶剤

 

 

 

まとめ

エカキムシ退治には、
オルトランがお勧めですが、
薬剤抵抗性を持ったエカキムシには効きません。

その場合は、ベニカ水溶剤がお勧めです。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す