カメムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

独特の臭いにおいを出すカメムシ。

カメムシ類は、
危険を感じると悪臭のある分泌物を出します。
この分泌物は外敵の撃退するためや、
仲間へ警戒を知らせる一種のフェロモンとして、
作用しているそうです。

また、カメムシは農作物の害虫にもなります。
植物をが吸汁し、
植物は、生育不良になったり
酷い時は株が枯れてしまいます。

そこで今回は、
カメムシの退治・駆除・予防の仕方について
農薬を使用しない方法や効果的な農薬・
おすすめの方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

カメムシの害について

植物を吸汁します

例えば、カキ、スモモなどの幼果(聖域途中の小さい果実)が
カメムシに吸汁されると、早期落下することがあります。

カキは6月の幼果の時にカメムシに吸汁されるとエチレンを生成して、
生理落下と同じ現象となり、落下してしまいます。

柿農家でも防除時期を誤ってしまい、
カメムシ被害で8割落下させたという
現場を目撃したことがあります。

 

 

 

 

悪臭を放ちます

カメムシ類の多くは、危険を感じると、
悪臭のある分泌物を出します。

その為「クサムシ」や「屁こき虫」という俗称もあります。

この分泌物は、外敵の撃退する為や
仲間へ警戒を知らせる一種のフェロモンとして
作用していると考えられてます。

 

 

凍結スプレーで処理するのが
においもなく、もっとも簡単かと思います。

 

 

 

 

カメムシの退治の仕方について 農薬を使用しない場合

ミントや竹酢液で対策をする

色々と調べてみると、カメムシは
どうやらミントや竹酢の香りが苦手なようです。

ミントを植えたり、
竹酢を入れた瓶を置くだけ(竹酢も結構匂いあるらしいですが)
なら殺虫剤にくらべ人体への影響もないので安心ですよね。

 

 

 

冷却スプレーを使用する

殺虫剤より効果があり、
凍死させるタイプなので、
変温動物の昆虫は瞬殺です。

カチカチに凍るので後処理の楽です。
すぐに効くので臭いもありません。

 

 

 

 

防虫ネットを使用する

 

使用する道具

  • 防虫ネット 

 

 

防虫ネットを設置し、
外部からの飛び込みを防止する事です。

 

 

 

 

 

HB101を使用する

無農薬で野菜や植物を育てるのには、
HB101をお勧めします。

わたし自身も、謳い文句に半信半疑で使い始めましたが、
HB-101の1000倍液は、どんな野菜にも、
使用した場合としない場合では育ち方や害虫被害など、
雲泥の差が出ます。

是非、使ってみてください。

 

HB-101

 

 

 

カメムシの退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫と殺菌効果があります)

 

ベニカベジフルVスプレー

野菜(トマト・ミニトマト・きゅうり・なす・ピーマン)と
果樹(かき・りんご・なし・おうとう)の病害虫防除におすすめです。
持続性のある殺虫成分により、
月に1回散布するだけで害虫(アブラムシ)から植物を守ります。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

カメムシの退治の仕方について 効果的な農薬について(殺虫効果のみです)

ベストガード粒剤

アブラムシ類やアザミウマ(スリップス)、
コナジラミなどの吸汁性害虫に高い効果を発揮します。
長期間効果が持続します。
効果の持続期間が長いので、害虫の防除薬として適しています。
散粒容器入りで、手軽に使用できます。

 

 

 

ベニカベジフルスプレー

幅広い害虫に優れた効果があり、だいこん、キャベツなどの野菜、うめ、かき、かんきつなどの果樹に使えます。
速効性と持続性(アブラムシで約1ヵ月)を実現。分は葉裏まで浸透し、葉の中や葉裏の害虫まで退治します。

 

 

 

スミチオン乳剤(お勧めです)

アブラムシ・スリップス・アメリカシロヒトリなど、
各種の害虫に効果のある家庭園芸の代表的な殺虫剤です。

 

スミチオン乳剤

 

 

 

アクテリック乳剤

薬剤が直接かかって退治する接触効果と、
ガス効果を兼ね備えた殺虫剤です。
オンシツコナジラミ・カイガラムシ・アブラムシなどの
広範囲の害虫にすぐれた効果を発揮します。

 

 

 

マラソン乳剤(お勧めです)

野菜から草花まで幅広く使える家庭園芸の代表的殺虫剤です。
広範囲の害虫にすぐれた効果があります。

マラソン乳剤

 

 

 

 

ベニカ水溶剤

野菜、果樹、花など幅広い植物に使用できます。
有効成分が葉や茎から吸収されて植物体内にゆきわたり、
殺虫効果が持続する(アブラムシで約1ヵ月)。
すぐれた浸透移行性殺虫剤です。

また有効成分が葉の表から裏に移行しますので、
葉裏に隠れている害虫にも有効です。

コナジラミ、カイガラムシ、カメムシ、ケムシ、アオムシ、カミキリムシ、コガネムシ等の害虫にも効果的です。

 

 

 

 

まとめ

カメムシは、危険を察知すると
悪臭のある分泌物を出します。

また、農作物を吸汁する害虫です。
見つけたら、スミチオンやマラソンを散布して
退治しましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す