タピアンの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

タピアンは、サントリーから出ているグランドカバーで、
茎が殆ど立ち上がる事なく、
地面を被覆する様に無制限に広がっていきます。

花は夏の間も休む事なく、
晩春から晩秋まで開花し続け、
小花が頂部に密に集まり半球状の花姿をつくります。

そこで今回は、
タピアンの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

タピアンの花言葉について

タピアンの花言葉は「魅惑」です。

絨毯のように増え、グランドカバーには最適です。

タピアン

 

 

 

 

タピアンの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土小粒6割+腐葉土4割+元肥’を混ぜた培養土を使用します。

 

 

 

 

植えつけ方について

3月~5月くらいに市場に出始めます。

この時期に苗を購入して植えつけます。

タピアンは直射日光を好みますので、
日当たりの良い場所に植えましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

市販の草花培養土を使用する場合は、
元肥が入っているので、
植えつけ時の肥料は必要ありません。

肥料の入っていない土を使用する場合は、
植え付け時にマグァンプを混ぜ込みます。

マグアンプ

 

あとは花をたくさん咲かせ続けさせる為には、
リン酸成分が必要です。

この時も、リン酸成分がたくさん配合したマグアンプがお勧めです。

追肥の時もパラパラと撒きます。

 

 

 

 

増やし方について

挿し木や株分けで増やすことが出来ます。

株分けする時期は春もしくは秋が最も最適です。
地面に伸びた茎の節から根付いた部分を探し、
個々の株を切り離して掘り起こし株分けしましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生します。

 

害虫が発生したら、
オルトランを使用します。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す